ipet アイペット損害保険株式会社

  1. HOME
  2. アイペットとは

アイペットとは

私たちは常にお客さま本位の立場から考え、
最良の商品・サービスの提供に努めてまいります。

私たちはお客さまにご納得して当社を選んでいただき、安心して商品をご利用いただくため、役職員が一丸となって日々邁進しています。ペット保険の提供を通してペットとの共生環境を向上させることを使命とし、さらなる歩みを進めてまいります。

キーワードで知るアイペット

保有契約件数 35万件突破(2018年3月末時点)

2004年に共済事業としてスタートして以来、 多くのペットオーナー様にご愛顧いただき、この程、保有契約件数が35万件を突破いたしました。
これからも「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る。」ため、様々な活動を行ってまいります。

保険契約数グラフ

対応動物病院数 4,400施設突破(2018年3月末時点)

当社が提携している全国の動物病院(以下、アイペット対応動物病院)で受診された場合、動物病院の窓口で当社発行の保険証を提示すると、その場でお客さま負担分(保険で補償される金額を除いた額)のみのお支払いとなり、後日、保険金請求書類のご提出は必要ありません。
2018年3月末にはアイペット対応動物病院が全国で4,400施設を突破し、今後も更なる拡大を進めてまいります。

ペット保険専門! 15期目

2004年の会社設立以来、皆さまのサポートにより順調に成長し、2012年には金融庁より損害保険業免許を取得しました。
当社はペット保険を扱う損害保険会社4社のうちの1社として、また少額短期保険業者から損害保険会社に生まれ変わった日本初の会社として、ペット保険の黎明期からペット保険業界を盛り上げてきたと自負しています。

アイペット損保の歴史

ペット保険継続率 90%超

保険商品に対する感謝の声を多数いただいており、「うちの子ライト」は結果として90%を超える継続率を誇っています。

お客さまの声

「うちの子ライト」にご契約 三重県 ゆみさん

仔猫を2匹拾って加入を悩んでいる時に半年後1匹が腸閉塞で手術になりました。仔猫だからと油断せず、早々に加入しておけばよかったと後悔したので、あわててもう1匹は保険に加入しました。手術代は高いので、加入しておくと、もしもの時に安心です。

「うちの子ライト」にご契約 神奈川県 高橋さん

生後8ヵ月で骨折してしまい、その時はまだ加入前だったので早く加入しておけば良かったと思いました。加入してからはおかげさまで大きなケガ、病気もなく「うちの子ライト」がお守りになっているみたいです。

「うちの子ライト」にご契約 徳島県 Kさん

生後3カ月のトイプードルをお迎えして保険に加入。お迎えして半年後に左足を上げて痛がるので病院に行くとレッグペルテスの診断で即手術と言われました。その際、右足はパテラのグレード3で、それも手術をした方がいいですとのこと。保険に入る前に、医療費がかさむのは手術だよね!ってことで、手術に特化した「うちの子ライト」に加入したのですが、これが大正解でした。1年に2回までで、補償額の上限もありましたが、ちょうど手術も2回で上限金額内で済むような手術だったので大助かり。病院の先生にも蘭丸くんのためにあったような保険ですねって言われました。その節は迅速な対応をありがとうございました。

選べる2つの商品プラン

当社ではお客さまのニーズに合わせ、犬・猫向けに通院から入院・手術まで幅広くカバーした安心のペット保険「うちの子」、手術と手術を含む連続した入院に補償を限定し、保険料を抑えたペット保険「うちの子ライト」の2つのタイプの商品をご用意しています。

その他、ペットショップ代理店でのペットのお迎え時における限定商品として、ペット保険「うちの子プラス」とペット保険「うちの子キュート」(鳥・うさぎ・フェレットが対象)もご用意しています。

安心のセーフティネット

ペット保険販売業者 15社中損害保険会社 4社 少額短期保険業者 11社(2018年3月末現在)

当社は損害保険業の免許を取得しており、損害保険契約者保護機構(※)に加入しているからこそ万が一の場合には、契約者さまのリスクが軽減されます。

  少額短期保険業者 損害保険会社
ペット保険取扱 11社 4社
参入要件 登録制 免許制
最低資本金 1,000万円 10億円
取扱商品 少額、短期、掛け捨てに限定 無制限(高額、長期、運用型も可)
セーフティーネット
(損害保険契約者保護機構)
なし あり

損害保険契約者保護機構とは

損害保険契約者保護機構とは、保険業法に基づき主務大臣の認可を受けて設立された法人であり、経営破綻した損害保険会社の保険契約者等を保護し、もって保険事業に対する信頼を維持することを目的としております。

(損害保険契約者保護機構ホームページより)

Page Top