ホーム>会社情報>CSR>地域社会に対する取組み

地域・社会に対する取組み

CSV基本方針

ペット保険会社だからこそできる、「お客さま対応」「社会貢献」「環境保護」を考え実践し、ペットオーナーが安心してペットと暮らせる社会の実現を目指す。

CSV:Creating Shared Value(共通価値の創造)

私たちは、お客さまの声に真摯に対応し事業に反映するとともに、当社を取り巻く社会課題の解決や環境の改善に貢献することを通じて、 お客さまが安心してペットと暮らせる社会の実現を目指しています。また、それらの活動が私たち自身の利益だけではなく、 ステークホルダーとの共有価値の創造に繋がるものと考える「CSV基本方針」を2017年3月に制定いたしました。CSV活動における 重点テーマとして①お客さま対応②社会貢献③環境保護の3つを設定し、ペット保険会社だからこそできる活動に取り組んでまいります。

日本の犬・猫殺処分の現状

日本の犬と猫の殺処分の現状についてお伝えします。

活動支援状況

Peace Winds Japan NPO法人ピースウィンズ・ジャパンの活動支援
特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパンのプロジェクト「ピースワンコ・ジャパン」の活動を支援しています。
従業員ボランティアの実施 従業員ボランティアの実施
アイペット損保は、ペットとの共生活動の工場を目指し、従業員によるボランティア活動を推進しています。
災害救助犬ボランティア・ベンダーの設置 災害救助犬ボランティア・ベンダーの設置
本社執務フロアに設置している自動販売機に「ボランティア・ベンダー」を導入しています。
NPO法人ワンコレクション NPO法人ワンコレクションの支援活動
小学生に動物愛護についての教育を行っている特定非営利活動法人ワンコレクションの活動を支援しています。

日本の犬・猫殺処分の現状

犬・猫が殺処分される前に、動物保護団体等が保護した犬・猫のことを一般的に「保護犬」「保護猫」と呼びます。 日本では「動物の愛護及び管理に関する法律(動愛法)」に基づき各都道府県には動物愛護センターが設置されています。

こちらに保護された「捨てられたり迷子となって預けられた犬・猫」が動物愛護センターから出られる割合は、猫の場合、収容された数の30%未満といわれています。なぜなら保護した日から、5日~1週間後には殺処分されてしまうからです。

動物愛護センターや動物愛護団体、ボランティアの活動、また譲渡会の認知向上により、年々殺処分の数は減少していますが、残念ながらまだ殺処分が行われている事実があります。

1日でも早く殺処分ゼロが実現できるよう、当社では動物愛護に取り組んでいるNPO法人等への支援を行うとともに、役職員によるボランティア活動を行い、殺処分ゼロに向けて取り組んでいます。

※狂犬病予防法により定められた収容期間は3日間ですが、実際は各自治体の条例に定められた日数(5日~1週間)となります

犬猫の殺処分数推移

出典:2014年度 環境省
  「犬・猫の引き取り及び負傷動物の収容状況」をもとに当社にて作成

※殺処分数を引き取り数で除したものです。

Pagetop

「NPO法人ピースウィンズ・ジャパン」への支援

私たちは、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンの理念に賛同し、活動支援を行っています。

ピースウィンズ・ジャパンは1996年の設立以来、「必要な人びとに必要な支援を」をモットーにイラクやスマトラ沖地震の被災者をはじめ、国内・国外で26の国や地域で支援活動をしてきました。

ペット関連事業においては、ピースワンコ・ジャパンプロジェクトが広島の神石高原町を拠点として「広島における犬の殺処分ゼロを目指す1,000日計画」を掲げ活動をしており、これまで568頭の保護を行い、309頭を譲渡・返還しています。(2016年3月末現在)

また、保護した犬を「人を助ける犬たち」である災害救助犬やセラピー犬に育成する活動も行っており、多くの場で活躍されています。

名称:特定非営利活動法人ピースウィンズ ・ジャパン
住所:〒720-1622 広島県神石郡神石高原町近田1161-2 2F
設立年月:1996年2月
代表理事 兼 統括責任者:大西 健丞

ピースウィンズ・ジャパンについて詳細はこちら
ピースワンコ・ジャパンプロジェクトについて詳細はこちら

Pagetop

役職員によるボランティア活動

当社では、新卒社員を対象とした新人研修の一環で、ピースワンコ・ジャパンを訪問し、保護犬の世話をするボランティア研修を実施しています。

ボランティアでは、主に「散歩」「シャンプー」「爪切り」「給餌」を体験しながら、保護犬との触れ合いを通じて、保護犬のおかれている状況について理解を深めました。ペットとの共生環境の向上を目指し、今後も役職員によるボランティア活動を推進してまいります。

Pagetop

災害救助犬ボランティアベンダーの導入

本社執務フロア内の自動販売機に、「災害救助犬ボランティア・ベンダー」を導入しています。

ボランティア・ベンダーとは、「ボランティア・ベンダー協会」の社会貢献型自動販売機で飲み物を1本購入すると、3円が寄付金となって指定の公益団体へ寄付できるという仕組みです。

当社では、「災害救助犬ボランティア・ベンダー」を導入し、一般社団法人ジャパン ケネル クラブの災害救助犬育成活動に寄付を行っています。

Pagetop

NPO法人ワンコレクションへの支援

小学生に動物愛護についての教育を行っている特定非営利活動法人ワンコレクションの活動を支援しています。この活動は、子供たちに命の大切さを学んでもらうとともに、子供たちがペットに対する正しい知識を得ることを目的としています。

授業では、講師からの一方的な講義だけではなく、実際に犬と触れ合う経験を設ける等、「命の大切さ」や「犬との正しい接し方」を学び、将来動物に優しい大人になって欲しいという思いのもと授業を実施しています。

名称:特定非営利活動法人ワンコレクション
住所:〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-10-12 BARU SHOTO201
設立年月:2016年4月8日
代表理事:道躰雄一郎

ワンコレクションについてはこちらから

Pagetop

  • じっくり検討したい飼い主さまへ 資料のご請求

当社へのご相談・苦情に関するお問合せ窓口

  • サービス向上のため、通話内容を録音させて 頂く場合があります。

お電話のつながりやすい時間帯などをこちらで確認できます。

  • みんなのエピソード 「入っていて良かった!」お客さまからの声をご紹介
  • 初めての方も安心!まずはペット保険のキホンから。ペット保険とは?