ipet アイペット損害保険株式会社

  1. HOME
  2. CSV

CSV

CSV基本方針

ペット保険会社だからこそできる、「お客さま対応」「社会貢献」「環境保護」を
考え実践し、ペットオーナーが安心してペットと暮らせる社会の実現を目指す。
CSVとは?:"Creating Shared Value" の略で、一般的に「共通価値の創造」と訳されます。

私たちは、お客さまの声に真摯に対応し事業に反映するとともに、当社を取り巻く社会課題の解決や環境の改善に貢献することを通じて、 お客さまが安心してペットと暮らせる社会の実現を目指しています。また、それらの活動が私たち自身の利益だけではなく、 ステークホルダーとの共有価値の創造に繋がるものと考える「CSV基本方針」を2017年3月に制定いたしました。CSV活動における 重点テーマとして①お客さま対応②社会貢献③環境保護の3つを設定し、ペット保険会社だからこそできる活動に取り組んでまいります。

当社の向き合う社会課題

犬・猫が殺処分される前に、動物保護団体等が保護した犬・猫のことを一般的に「保護犬」「保護猫」と呼びます。 日本では「動物の愛護及び管理に関する法律(動愛法)」に基づき各都道府県には動物愛護センターが設置されています。
こちらに保護された「捨てられたり迷子となって預けられた犬・猫」が動物愛護センターから出られる割合は、猫の場合、収容された数の30%未満といわれています。なぜなら保護した日から、5日~1週間後※には殺処分されてしまうからです。
動物愛護センターや動物愛護団体、ボランティアの活動、また譲渡会の認知向上により、年々殺処分の数は減少していますが、残念ながらまだ殺処分が行われている事実があります。
1日でも早く殺処分ゼロが実現できるよう、当社では動物愛護に取り組んでいるNPO法人等への支援を行うとともに、役職員によるボランティア活動を行い、殺処分ゼロに向けて取り組んでいます。
※狂犬病予防法により定められた収容期間は3日間ですが、実際は各自治体の条例に定められた日数(5日~1週間)となります。

出展:環境省「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」をもとに当社にて作成
※ 殺処分数を引き取り数で除したものです。

活動支援状況

NPO法人ワンコレクションへの支援

NPO法人ワンコレクション

小学生に動物愛護についての教育を行っている特定非営利活動法人ワンコレクションの活動を支援しています。この活動は、子供たちに命の大切さを学んでもらうとともに、子供たちがペットに対する正しい知識を得ることを目的としています。
授業では、講師からの一方的な講義だけではなく、実際に犬と触れ合う経験を設ける等、「命の大切さ」や「犬との正しい接し方」を学び、将来動物に優しい大人になって欲しいという思いのもと授業を実施しています。

災害救助犬ボランティアベンダーの導入


災害救助犬ボランティア・ベンダー

本社執務フロア内の自動販売機に、「災害救助犬ボランティア・ベンダー」を導入しています。
ボランティア・ベンダーとは、「ボランティア・ベンダー協会」の社会貢献型自動販売機で飲み物を1本購入すると、3円が寄付金となって指定の公益団体へ寄付できるという仕組みです。
当社では、「災害救助犬ボランティア・ベンダー」を導入し、一般社団法人ジャパンケネルクラブの災害救助犬育成活動に寄付を行っています。

Page Top