ホーム>会社情報>アイペットについて>リスク管理態勢

リスク管理態勢

当社は、高い社会性・公共性を有する損害保険業者として、ペット保険の募集ならびに保険金支払い等のサービスの提供を通じ、お客さまや株主さまの期待と信頼に応えることにより、経営の健全性・安定性を維持しつつ、永続的に発展していくことを目標としています。その目標実現のため、直面するリスクを的確に把握し、これらを適切に管理することが必要となります。また、その取り組み推進にあたっては実効性のあるリスク管理態勢を構築・維持することが不可欠です。当社は、リスク管理重視の事業運営を経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、以下の項目に基づき、健全かつ適正な業務運営を行い、リスク管理態勢の強化に取り組んでいます。

リスクの的確な把握と的確な管理

当社が抱えているリスクは、「保険引受リスク」「事務リスク」「システムリスク」「事業継続リスク」等であり、これらのリスクの中には経営に重大な影響を及ぼす危険性を持つものもあります。経営の健全性・安定性を確保するため、以下のことを全社的に取り組むことで、統合的リスク管理を行っています。
(ア)リスクの的確な把握
(イ)戦略目標を踏まえたリスク管理態勢の構築
(ウ)収益部門と分離されたリスク管理部門の設置
(エ)相互牽制態勢
(オ)適正な管理態勢の整備・維持

実効性のあるリスク管理態勢の整備

当社は各種の規程やルール、リスク管理手法、経営層を含むリスク管理体制等、内部管理態勢全般にわたり適宜見直しを行うことで、リスク管理態勢の整備・強化を図っており、実効性のある態勢の構築・維持に向け、継続的に取り組んでいます。
各種のリスク管理は第一義的には各々のリスクに係る業務を所有する部門において、リスクの把握・分析・評価および管理を実施します。さらに、こうしたリスク管理の実効性について、内部監査室が検証・チェックを行っています。



ページトップ