タグ別アーカイブ: 肢をひきずる、触ると痛がる

oshiete
犬の股関節形成不全
犬の股関節は、骨盤にある寛骨臼(かんこつきゅう)というくぼみに後ろ肢の大腿骨頭(だいたいこっとう)というでっぱりがしっかり入り込んでいる構造をしています。股関節形成不全は、骨の変形... 続きを読む  
カテゴリー: 犬の病気, 骨・関節 | タグ:
椎間板ヘルニア
犬の椎間板ヘルニア
脊椎(背骨)は一つ一つの短い骨が連なって形成されています。その短い骨と骨の間でクッションの役割をしているのが椎間板です。この椎間板は脊椎にかかる圧力を分散してくれるためとても大切な... 続きを読む  
カテゴリー: 犬の病気, 骨・関節 | タグ:
patera
犬の膝蓋骨(内方)脱臼(=パテラ)
膝には膝蓋骨というお皿があり、ちょうど大腿骨の中央あたりに位置します。大腿骨には膝蓋骨がピタッと収まるための溝がありますし、まわりに膝蓋骨を支える靭帯も存在するため、通常は膝蓋骨が... 続きを読む  
カテゴリー: 犬の病気, 骨・関節 | タグ: