クリエイティブディレクター 小田稔郎 クリエイティブディレクター 小田稔郎

  • “収益拡大や業務効率向上に向けた取り組み”

    山森:私は社長室の室長をしています。アイペットでは一部署にとどまらない部門横断的なプロジェクトが非常に多いので、社長室はプロジェクトマネジメントそのものやサポートを行うことが多いですね。全社最適で三遊間の球を拾って回るようなイメージです。エンジニアの方々とは新しいシステム作ったり、最新のツールを導入したり、色んな手を組み合わせながら、収益拡大や業務効率向上に向けた取り組みを進めています。かなり間近にエンジニアの方々と接していますが、良い意味で見ている世界が違うなぁと感じます。

  • “仕事を進めるパートナーとしてのサービス精神”

    飯山:私はマーケット戦略部でマネージャーをしています。エンジニアの方々とは、たとえばお客さまにWEB 上で保険申込いただく専用フォームを一緒につくったり、WEB 経由の保険申込率を向上させるための分析データをとる上で有効な施策を練ったりそのための仕組みづくりをしています。仕事を進める上で難しいなと思う所は、専門分野が違うとやはり言葉ひとつとっても解釈が分かれてきたり、逆に何のことを指しているのか理解できなかったりそういうことが起こりえます。しかし、アイペットで一緒に働いているエンジニアの方々は、こちらの意図を先回りして理解をしてくれたり解釈が分かれるところの定義を先に示してくれたりと一緒に仕事を進めるパートナーとしてのサービス精神を感じます。

  • “事業会社の一員として”

    山森:一緒にプロジェクトを進めるパートナーとしてはやはりより良いものづくりをともに手掛けていくというところで協力も議論もしていきたいですね。そういう意味でも求めたい所は「ステークホルダーへの配慮」です。スケジュールに対する意識だったり、ユーザーに対する配慮であったり、プロジェクトメンバーへの対応姿勢であったり。いち開発者としてだけの視点で仕事をするとどうしても視野が狭くなると思います。そうではなくて事業会社の一員としてそれぞれ強みの異なるメンバーと一緒にシステムやサービスを創り上げて行くという意識で

  • “日曜大工的な発想を
    してくれるパートナー”

    山森:また、「問題」を「解決」することと、システムを新しくつくることがイコールではないということも。ひとつお伝えしたいです。時間とお金をかければよいものを作ることができるとは思います。ただ、最小限で問題解決を図ろうとするとどんな手段が考えられるのか。日曜大工的な発想をしてくれる方がパートナーだととても助かりますね。この部分は新しく作ろう、でもあちらの部分は既存のツールやクラウドサービス、RPA なんかを組み合わせれば、純粋な開発工数を抑えてスピードを出せる、という風に考えてもらえると、非常にありがたいです。

OTHER INTERVIEW