お知らせ・ニュースリリース

お知らせ

ピースウィンズ・ジャパンへの「ふるさと納税」を活用した寄付活動のご報告

みなさまのご支援により集められた約700万円の寄付金は、
新犬舎の建設に活かされています。
~ピースウィンズ・ジャパンへの「ふるさと納税」を活用した寄付活動のご報告~


アイペット損害保険株式会社(以下、「アイペット損保」)が2014年12月よりアイペット損保ご契約者さま向けに実施している「ふるさと納税」制度を活用した寄付活動において、寄付額のご報告と寄付金の使途についてお知らせいたします。

アイペット損保では、2014年12月より特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(代表理事 兼 統括責任者:大西健丞、以下、「PWJ」)のピースワンコ・プロジェクトの理念に賛同し、アイペット損保ご契約者さまに「ふるさと納税」を活用した寄付のご案内をすることで、「殺処分ゼロ」「災害救助犬の育成」に向けた活動支援を行っております。「ふるさと納税」を活用した寄付活動により、アイペット損保契約者のみなさま及びアイペット損保従業員から合計6,989,000円※(2015年12月末時点)の寄付を行いました。

この度、PWJが拠点を置く広島県神石郡神石高原町内に殺処分寸前で保護した犬たちを飼育するための新しい犬舎を設立することになり、その建設費用として、みなさまからいただいた寄付金が使用されることになりました。
現在は、犬舎を新設予定の一部のエリアにおいて、コンクリートの基礎工事が終わり、これから床暖房や排水の設備の整備に入る予定です。

またこのエリア(下図)には、トイレスペース/ドッグラン付の犬舎約30室のほか、診療所も作られる予定です。(完成は今年の4月ごろ)

これからも、犬舎が完成していく様子をアイペット損保ホームページにて定期的にみなさまにお伝えしていきたいと思っております。

※厳密にはふるさと納税で寄付していただいた額の95%がPWJの活動に活用され、残りの5%は神石高原町の事業のために使われます。

建設作業の様子

作業中のエリアの全体像
作業中のエリアの全体像
コンクリートの基礎が打たれた様子
コンクリートの基礎が打たれた様子
左に見えるのが犬舎
左に見えるのが犬舎
犬舎の壁に使用するブロック
犬舎の壁に使用するブロック

アイペット損保はこれからも、「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る。」ことを目指し活動していきます。



ピースウィンズ・ジャパンへの支援活動の詳細についてはこちらからご覧ください。

http://www.ipet-ins.com/news/news_248.html