猫のペット保険の選び方

大切な猫には、いつでも元気に過ごしてほしいですね。そのためには、「どんな病気になりやすいの?」「万が一にはどう備えればいい?」など、猫のことを知り、準備しておくことが大切です。
あなたの猫にぴったりなペット保険選びの参考にお役立てください。

STEP1 猫に保険は必要?

ここでは、猫に保険が必要か?ということに関して、アイペット獣医師の考えをお伝えしていきます。

STEP2 猫種別病気ガイド

猫は年齢や体型以外にも、品種によってかかりやすい病気が異なってきます。
「猫種別病気ガイド」では、品種ごとのかかりやすい病気、特徴や飼育ポイントなどがご確認いただけます。

STEP3 猫の手術・通院費用はどれくらいかかる?

猫の手術や通院費用は実際どれくらいかかるのでしょうか?
いくつかのケースを例に、お客さまの負担額と補償例をご紹介します。

STEP4 猫保険を選ぶ際のポイント

アイペットの獣医師が多様な種類のペット保険から自分に合った保険を選ぶ際のポイントをお伝えします。

猫の保険金お支払い事例

猫は特徴として、軽度の症状は見せにくく、動物病院に連れて行くときには重症化しているケースもあります。ペット保険に加入することは、治療を受けるうえで、飼い主さんの経済的な負担を軽減するメリットがあります。

[歯周病の場合]

口が臭く、病院で「歯周病」と診断されました。全身麻酔をかけて、歯石の除去とぐらついた歯を抜く手術を行いました。

品種混血猫
年齢7歳
内容手術1回、入院1日

診療明細書

診療項目金額(円)
診察800
半日入院1,500
検査16,000
全身麻酔15,000
歯科処置35,000
抜歯24,000
点滴3,000
お薬2,000
合計97,300

保険金お支払い例

幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
68,110円
「うちの子ライト」補償額
87,570円
お客さま負担額
29,190円
お客さま負担額
9,730円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。