ペット保険の必要性

ペット保険とは

ペット保険とは、大切なペットが病気やケガで診療や手術を受けた場合に、かかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償する保険です。

犬や猫などのペット医療には、人間と違って公的な健康保険がありません。
人間なら、健康保険に加入していれば、診療費も薬代も通常3割負担ですが、動物の場合は全額自己負担となります。
そのため、治療が長引いたり、手術が必要な場合には、かなり高額の診療費がかかってしまうことがあります。
そんな”もしも”の時の費用負担を軽減するのが、ペット保険の役割です。

ペット保険って必要なの?

ペット保険の必要性について、動物病院の利用頻度や保険金請求データから紐解いていきます。

アイペットの獣医師に聞く!ペット保険って本当に必要?

アイペットの獣医師が、ペット保険に加入することのメリットをお伝えします。

ペット保険が補償してくれるのは?

補償の範囲や、いつ発症した病気やケガが保険の対象になるのかなど、ペット保険の一般的な補償に関する内容について説明します。

診療費ケーススタディ

犬や猫が動物病院で診療を受けると、いくらぐらいかかるでしょうか?
いくつかの診療事例をもとに、治療費や、補償が適用された場合のお客さまの負担額の例がご確認いただけます。

ペット保険選びのポイント

ペット保険に加入する際に、一般的な保険の仕組みや内容から、保険選びのポイントとなる点をお伝えします。

アイペットが選ばれる理由

アイペットのペット保険がなぜお客さまから選ばれるのか。その理由についてご紹介します。