ペット保険の必要性
ペット保険が補償してくれるのは?

ペット保険と一概に言っても、補償の種類や対象はペット保険会社や商品によってさまざまです。
以下はペット保険の一般的な補償の範囲・対象についてご説明します。

一般的な補償の範囲

一般的なペット保険の補償範囲は、通院、入院、手術の3種類です。

保険会社によっては、通院、入院、手術以外に、他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したときの損害賠償を補償対象とする商品など、その他の補償を対象とする商品もあります。

保険会社によって、保険料や受けられる補償・サービスには様々な違いがありますので、ご自身のペットにはどのペット保険が合っているのか、じっくり検討する必要があります。

補償の対象はどこまで?

ペット保険は主に補償開始後に発症および発見されたケガ、病気が補償の対象となります。また、ワクチン接種などの予防に関する費用や、避妊、去勢手術などの健康体に施した処置の場合の費用は補償の対象にはなりません。

さらに、補償開始後に発症、発見されたケガや病気でも、ペット保険会社によっては補償の対象となる場合と、ならない場合があります。

ペット保険会社によって補償対象となるケガ、病気は異なる

ペット保険会社ごとに補償対象となる項目が定められており、せっかく保険に入っていても、いざというとき、補償されないという事態を避けるため、ペット保険を選ぶ際に、補償の対象となるケガや病気について、保険約款等で事前に把握しておくことも重要です。


いかがでしょうか。補償している内容や補償の対象はペット保険会社によって異なりますので、何が補償される保険に入るのか、ご自身のペットにあったペット保険を選ぶことが大切です。「ペット保険選びのポイント」ではペット保険を選ぶ際に確認しておくべきポイントを説明していますので、こちらもぜひご確認ください。