犬保険の選び方
犬に保険は必要?

ここでは、犬に保険が必要か?ということに関して、アイペットの獣医師の考えをお伝えしていきます。

犬は家族同然となっている

最近では犬を家族として大切に育てる飼い主さんが増えています。30年程前は番犬としてお庭につないでいたお家も多くありましたが、現在は家の中で共に過ごすことがスタンダードになっています。

犬の医療の変化

犬と一緒に過ごし、触れ合う時間が増えたことで、飼い主さんたちは犬の変化に気づきやすくなりました。また、犬が病気になったときも家族同様に、最善かつ最適な治療をしてあげようという意識の飼い主さんが多くなってきています。
少し元気がないのではないか?少し食欲が落ちた気がする、といった日常の変化に早期に気づき、動物病院で検査を受けるといったことは一般的な光景です。

獣医療レベルの向上

獣医療はここ20~30年間で大きく進歩し、今までは診断できなかったような病気を見つけられるようになりました。そして治療できる病気の種類も格段に増えています。最近では、痛みが少ない手術といったような犬の体への負担を考えた医療も登場しているのです。

長寿化に伴う医療費負担の増加

このように、犬の生活環境と適切な医療を受けるための環境が整うことにより、犬の寿命も長くなってきました。しかし、同時に飼い主さんにとっての犬の医療費負担も大きくなってきているのが現実です。

犬の診療費

犬の診療費は100%自己負担

人が病気になり、病院へ行くと、健康保険制度を利用しますが、基本的には犬にそのような公的な保険制度はなく、100%自己負担となります。そのため、実際に犬の医療費について高額だと感じる飼い主さんも多いことでしょう。

動物病院は自由診療である

さらに、動物病院は自由診療であるため、診療費用は動物病院や治療の内容によってさまざまです。
高度な技術を要する治療や長期に渡る治療はどうしても飼い主さんの経済的負担が大きくなってしまいがちです。

愛犬が万が一病気になったとき、最善の治療をしてあげたいものです。そのときに、犬の体の心配だけでなく費用の心配もするとなると、飼い主さんの負担は2倍になってしまいます。

保険の有用性

経済的な負担の軽減

保険の1番のメリットは、治療に集中できるということではないかと思います。愛犬の病気という不安なときに、経済的な負担まで心配をしながら治療をすることは、ときに最善の治療が選択できないことにもなりかねません。

最善の治療を選択できる

保険があればその経済的な負担を少しでも減らせるため、最善の治療を選択することができるのではないかと思います。

検討のタイミングが大切

このように保険の有用性についてお伝えしましたが、「いつペット保険に加入するか」ということも検討する必要があります。

健康なうちにペット保険の加入を

実は、人間の保険と同様に、病気になってしまった後だと保険に加入できないことがあります。そのうち入ろうと思っている間に、病気が見つかってしまい、「保険に加入しておけばよかった」と後悔される方もいらっしゃいます。そのため、健康なうち、早めのタイミングでペット保険に加入するか否かの検討をすることが大切です。

ここまで読んでいただいた皆さまには、ぜひこの記事をきっかけにご検討いただければと思っています。