犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

高齢の猫がなりやすい病気は?飼い主が気をつけることとは

愛猫には元気に長生きして欲しいですが、人と同様、猫も加齢により様々な病気になりやすくなります。
高齢の猫がなりやすい病気とその症状や治療法、飼い主が気をつけることを解説します。

 

高齢になってきたら気にかけて

高齢になると猫も、体の様々な機能が衰えて色々な病気になりやすくなります。ただ、どの病気も早く発見し、早期に治療することで治るケースも多いので、いち早く飼い主が猫の異変に気づくことが重要です。猫がいつもと様子が違ったら、すぐに病院へ連れて行きましょう。健康診断を定期的に受けると、より安心です。

 

慢性腎臓病(慢性腎不全)

血液の中の老廃物を尿にして体外へ排出させるのが腎臓ですが、慢性腎臓病になるとこの浄化機能が弱まり、排出されるはずの老廃物が体内に溜まっていきます。慢性腎臓病は猫がなりやすい病気です。初期段階では、おしっこや水を飲む量が増えます。その後、食欲が低下して痩せ、吐き気などが見られ、やがて昏睡状態や痙攣しながら死に至ります。

飼い主が気をつけること

今現在、確実な予防手段はありませんが、腎臓の負担になることを避けましょう。大きな負担となる中毒を防ぐため、人間用の解熱鎮痛剤や植物のユリなど、毒性のものは猫から遠ざけましょう。歯がきれいな猫は腎臓病になるリスクが低いとの報告もあるので、早くから歯磨き習慣をつけると良いでしょう。早期発見が生存率を上げることに繋がるので、水を飲む量や尿量を普段から把握しておきましょう。慢性的な病気のため治療が継続的になることが多く、費用も高額になる可能性があるので、備えをきちんとしておくことも必要です。

 

腫瘍

腫瘍は良性と悪性があり、良性腫瘍は進行が遅く転移も少ないので、早期発見すれば完治する場合もあります。いわゆる「がん」の悪性腫瘍は、良性と比べ進行が早く、様々な部位に転移してそこでも成長するため、非常に治療が難しいものになります。腫瘍の病気で、高齢猫がなりやすいものを紹介していきます。

 

リンパ腫

白血球の一種のリンパ球は、異物と戦い体を守ろうとします。リンパ球は体のあらゆる場所に存在するため、リンパ球が腫瘍化したリンパ腫は、体のどこにできるかわからず、場所により症状が異なります。消化管なら食欲不振、下痢、嘔吐、胸であれば呼吸困難を引き起こします。症状が決まっていないため、飼い主が早く発見するのが難しいですが、違和感を覚えたら動物病院へすぐに連れて行きましょう。

飼い主が気をつけること

確実な予防法はないですが「猫白血病ウイルス(FeLV)」「飼い主の喫煙」との関連が示されています。猫白血病ウイルスは感染防止のため、室内飼いにより他猫との接触を防ぎましょう。

 

乳がん

乳腺にできる悪性腫瘍です。猫には一般的に左右4対、計8個の乳腺があります。乳がんは放置すると肥大したり、転移します。もし肺に転移したら余命1ヶ月という場合もあるので、早期の発見、治療が大切です。

飼い主が気をつけること

避妊手術をしてない猫は、早期にした猫の約7倍の発症率と言われます。避妊手術を早期にしていない猫は、日頃から特に注意してください。毎日体を触り、他の皮膚よりかたい「しこり」がないか確認していると、早めに見つけやすくなります。

 

甲状腺機能亢進症 (こうじょうせんきのうこうしんしょう)

気管のそばにある甲状腺は、新陳代謝を促す甲状腺ホルモンを分泌します。中高齢猫は、甲状腺の肥大化や、癌により、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されます。すぐに命に関わる症状は起こしませんが、放置すると体を徐々に消耗させていきます。次のような場合は、すぐに獣医師に相談しましょう。

・どことなくイライラして攻撃的になった

・多く食べるのに太らない。または痩せていく

・毛がバサバサになった

・目がギラついている

・吠えるみたいに鳴くようになった

飼い主が気をつけること

飼い主が「年のわりに元気だ」と捉える症状が多く、発見が遅れやすい病気です。治療せずにいると、新陳代謝が過剰に促され、体の負担が大きくなり、心臓病になることもあります。動物病院で定期的に健康診断を受けると早期発見に繋がるでしょう。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。