犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

犬が震える原因は?理由と対処法も解説

みなさんは、愛犬が震えているのを目撃したことはありますか?子犬や高齢犬、小型犬や短毛種では特によく見られる光景かもしれません。ここでは、大きく生理的なものと病的なものに分けて、震えの様々な原因や対処法について解説します。

生理的な要因による震え

寒さ

私たち人間もそうですが、寒い時に体は、筋肉を細かく動かすことで熱を発生させます。この筋肉の動きにより、犬もブルブルと震えることがあります。犬は毛に覆われているため寒さに強いイメージがあるかもしれませんが、特にヨークシャーテリアやマルチーズなどの被毛がシングルコートの犬、暖かい国出身の犬、体温調節機能が低い子犬や高齢犬は寒さが苦手です。お家の中では温度管理をしっかり行い、外に出る時は暖かい時間を選んだり服を着せるなどの工夫をしましょう。

緊張や恐怖

苦手な人や犬に会った時、慣れない場所に連れて行かれた時、大きな音が聞こえた時などに震えることがあります。「白い犬に追いまわされた」などの怖い思いを記憶していると、似たような犬を見ただけで震えることも。また、雷や花火などの大きい音に驚いた時には、隠れる、逃げる、吠えるといった震え以外の行動をとることもあります。こうした状況が理由の場合は、その場を離れたり、原因となるものや音を取り除きましょう。雷や花火に怯えている場合は、なるべく音が聞こえない環境をつくり、側で声をかけて安心させてあげるといいですね。

病気による震え

病気が原因となっている震えの場合は、早急に対応が必要となるケースもあります。
たかが震えと侮らず、気になることがあれば動物病院に相談しましょう。

痛み

関節炎やヘルニアからくる痛みで震えることがあります。痛みがひどいと動きが鈍くなり、足に体重をかけられなくなったりします。痛い部分を触ると「キャン」と声をあげることもあります。また、膵炎などで腹痛を伴う場合には、抱っこやお腹を触られるのを嫌がったりします。

中毒

タマネギやチョコレートなどの中毒を引き起こすものを食べることにより、震え、下痢、嘔吐などの症状がみられることがあります。症状がでている場合は早めの処置が必要となります。

てんかん

足をバタバタ動かして全身が震える発作や、体が硬直するような発作がみられることがあります。短時間でおさまることも多いですが、他の病気が原因で発作が起こっている可能性もあるので、注意が必要です。

発熱

人の悪寒と同じで、犬も熱がある時に震えることがあります。体がいつもより熱くて、ハアハアと口を開けて息をしている場合は、感染症などによる発熱の可能性があります。

 

ワンちゃんが突然震え始めたら心配で焦ってしまうかもしれませんが、状況と様子をよく観察して、冷静に早めの対処をしてあげましょう!

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。