犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

愛犬が吐いた!原因と対処法は?

嘔吐は、動物病院でも非常によくみる症状の1つです。すぐに元気になるものから早めの処置が必要なものまで、様々なケースがあります。愛犬が吐いた時にどうすればいいのか、原因と対処法をご紹介します。

嘔吐の緊急性は?

原因、頻度、何を吐いたか、吐いた後の様子などが緊急性を判断するポイントとなります。何度も嘔吐をくり返す、吐いたものに血が混じっている、ぐったりしている時などは特に、早めに動物病院に連れて行きましょう。

 

生理的な嘔吐

・空腹

空腹の時間が長くなると、黄白色の泡のような胃液を吐くことがあります。少し様子をみて元気や食欲がありそうであれば、ごはんをふやかすなどして消化を良くし、少しずつあげてみましょう。

 

・車酔い

車をとめて少し休憩し、気分転換に外を歩かせましょう。車酔いをしてしまう子は車に乗せないのが一番ですが、どうしても車移動が必要な場合は、食後すぐの乗車を控えたり、事前に動物病院で酔い止めのお薬をもらうといいですね。

 

・ごはんを勢いよく食べすぎた

急いでごはんを食べて吐いてしまった場合、またすぐに食欲が戻るようであればあまり心配はいらないでしょう。ごはんをゆっくり食べられるように、早食い防止用の食器を使ったり、転がすとごはんが出てくるようなおもちゃを使うのも良いですね。

 

事故や病気が原因の嘔吐

・胃拡張/胃捻転

胃にガスがたまって膨らんだり他の臓器を圧迫してしまう、緊急性の高い病気です。胸の深い大型犬に特によくみられ、食後に吐いている、吐きたそうなのに吐けない、ぐったりしている、お腹が張っているなどの症状がみられたら要注意です。食後すぐのお散歩や運動は控えましょう。

 

・異物誤飲

ヒモやおもちゃなどの異物が喉に詰まったり、中毒を引き起こす食べものを飲み込んだ時に、嘔吐がみられる場合があります。犬が食べてはいけないものには、タマネギ、チョコレート、ぶどうなどがあります。食べたものやタイミング、量にもよりますが、早目の処置が必要となることが多いです。食べてはいけないものを食べたことに気付いたら、「いつ、なにを、どのくらい」食べたのか、なるべく正確に伝えられるようにしましょう。現物が残っていれば病院に持って行くといいでしょう。

 

・その他

胃腸炎や膵炎、肝臓の病気、アレルギーなどでも嘔吐がみられることがあります。

 

原因によって嘔吐への対処法はさまざまですが、愛犬の状態をしっかりと把握して、早目の対応ができるようにしておきましょう。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。