犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

愛犬が血便したらどうする?考えられる原因と対策

体調不良を言葉で伝えられないワンちゃんにとって、うんちは大事な健康のバロメーターの一つです。
硬さ、色、におい、回数、量には個体差があるので、ワンちゃんが元気なときのうんちの状態を確認して、異常があったときにはすぐに気付けるようにしておきましょう。
今回はうんちの異常の中でも、「血便」についてお話します。

アイペットのペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

血便は赤い?

血便は主に、胃や腸などの消化管の粘膜から出血が起こることでみられます。

血というと赤色をイメージするかもしれませんが、出血が起こっている場所によっては黒い血便がみられます。

 

赤い血便

直腸や結腸などの肛門に近い部分で出血が起こると、鮮やかな赤色の血便が出ます。

また、消化管からの出血はなくても、肛門自体に出血が起こっていて、それがうんちに付くこともあります。

 

黒い血便

食道や胃、十二指腸などの肛門から遠い部分で出血が起こると、排便までの間に消化酵素などの影響で血液が黒く変色し、赤黒い血便が出ます。

お口の中の腫瘍やポリープから出血があると、それを飲み込んで黒い血便が出ることもあります。

 

 

考えられる原因

血便だけで判断できる病気は少ないので、他に症状がないかもあわせてみていきましょう。

 

ウイルスや寄生虫の感染

子犬で気を付けていただきたい病気に、パルボウイルス感染症があります。

重度の胃腸炎を引き起こす病気で、血の混じった水下痢、嘔吐や食欲不振がみられます。

非常に感染力が強く致死率の高い病気なので、しっかりワクチンで予防しておきましょう。

 

パルボウイルスだけではなく、他のウイルスや寄生虫の感染で胃腸に炎症が起き、血便がみられることもあります。

特に子犬は免疫が十分ではないので、重症化する前に早めに動物病院で相談しましょう。

 

胃や小腸の異常

胃腸炎、食道・胃・十二指腸の潰瘍やポリープなどは、血便の主な原因となります。

軽度の胃腸炎であればすぐにおさまることもありますが、赤黒い血便の他に嘔吐、食欲不振、腹痛、元気がなくなるなどの症状がみられたら要注意です。

 

大腸の異常

大腸の粘膜に炎症が起こって潰瘍ができたりすると、血便や軟便だけではなく、ドロッとしたゼリー状の粘液がうんちに付着することがあります。

結腸や直腸のポリープや腫瘍は中高齢での発生が多く、日本では特にミニチュアダックスで大腸のポリープが多くみられる傾向があります。

ポリープや腫瘍ができている場所や大きさによっては、排便の体勢になるのになかなかうんちが出ない、いつもよりもうんちが細いといった症状がみられることも。

真っ赤な血便ではなくても、便の最後に少し血が付くだけといった場合もあるので、よく観察することが必要です。

 

肛門付近の異常

去勢手術を受けていない中高齢の雄に多いのが、前立腺肥大や会陰ヘルニアです。

うんちが出にくくなって血便が出たり、排便時に痛くて鳴き声をあげることもあります。

血便ではありませんが、肛門腺が何らかの原因で化膿してしまって出血し、それがうんちの表面に付くこともあります。

 

異物誤飲

おもちゃや竹串などを飲み込んでしまったことで、胃腸の粘膜が傷ついて出血し、血便が出ることがあります。

また、玉ねぎなどのねぎ類はワンちゃんに中毒を引き起こし、血尿や血便、嘔吐といった症状があらわれます。

異物誤飲は命に関わることもあるので、早めの対処が必要です。

 

ストレス

普段連れて行かないような場所に連れて行った、引っ越しをした、工事でずっと騒音が聞こえているなど、ワンちゃんがストレスに感じることはたくさんあります。

神経質な子ではストレスから血便になってしまうこともあるので、環境の変化には注意しましょう。

 

 

血便の原因はさまざまで自分で判断するのは難しいので、重症化する前に動物病院に相談できると安心ですね。

動物病院に行くときにはうんちを持っていく、うんちの写真を撮っていく、排便しているときの様子を動画で撮っていくなどしていただくと、診断の材料になるので獣医師も助かります。

アイペットのペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

CATEGORY
記事のカテゴリ一覧

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。