犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

犬の皮膚病ってどんな症状?代表的な皮膚病の特徴や予防策

ワンちゃんの皮膚病は、動物病院への来院理由として最も多いとも言われています。
ただ一言で皮膚病とは言っても、皮膚のお悩みはワンちゃんによってさまざまです。

アイペットのペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

ワンちゃんの皮膚病の特徴

 

仕組み

ワンちゃんの皮膚病に共通して言えるのは、「皮膚のバリア機能が低下して起こる」ということです。

健康な皮膚は、細菌や外部の刺激からワンちゃんを守ってくれています。

でも何らかの原因で皮膚の状態が悪くなってしまうとバリア機能が低下し、細菌が増えたり刺激を受けやすくなってしまうんですね。

その結果、さまざまな皮膚炎を併発してさらに皮膚の状態が悪くなる、という悪循環に陥ってしまいます。

 

犬種

ワンちゃんの皮膚病の中でも多くみられるのが、食物アレルギーやアトピーによる皮膚炎です。中でも柴犬、シーズー、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、パグ、トイ・プードル、フレンチブルドッグなどは遺伝的にアレルギーやアトピーを起こしやすいとされています。

 

年齢

3歳以下の若齢期に発症した場合は、アレルギーやアトピーの可能性が高くなります。

中高齢以降で発症した場合は、内分泌疾患によるホルモンバランスの乱れや、ガンなどの免疫力が低下してしまうような病気の影響も考えられます。

 

 

代表的なワンちゃんの皮膚病

 

アトピー性皮膚炎

アレルギーの中でも、花粉やハウスダストといった環境に存在するものが原因になるものを「アトピー」と言います。

人間の花粉症と同じように、スギが原因となっている場合は春に悪化するなど、症状に季節性がみられることもあります。

 

また、アトピー性皮膚炎を持つワンちゃんは、皮膚が乾燥しやすく敏感肌である子が多いので、過剰なシャンプーが皮膚炎の原因となることもあります。

症状としては、長期間続くかゆみ、脱毛、色素沈着などがあります。

特に顔周りや足先、脇や内股に症状が出やすく、かゆみがずっと続くと皮膚がかたくなっていきます。

外耳炎を併発している子も多いので、「なんだか最近耳がかゆそう」と言って気付く飼い主さんもいらっしゃいます。

 

膿皮症

健康な皮膚にも、「常在菌」という菌が存在しています。

その一つが「ブドウ球菌」で、皮膚の状態が良いときは特に悪さをしません。

でも、何らかの原因でブドウ球菌が過剰に増えてしまったり、アトピーやホルモンバランスの乱れで皮膚のバリア機能が低下してしまうと、「膿皮症」という皮膚炎を引き起こしてしまいます。

 

症状としては、かゆみ、左右対称の発疹や膿疱、脱毛、黄色っぽいフケなどがみられます。

特に背中や腹部には症状が出やすく、高温多湿な環境で症状が悪化する傾向があります。

 

脂漏症

皮脂が過剰に分泌されてしまうことで皮膚炎が起こります。

シーズー、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、アメリカン・コッカー・スパニエルなどは皮脂の分泌が多く、若齢期から脂漏症を発症しやすい犬種です。

 

皮脂の分泌が増えることで体がベタベタしたり、皮脂のバランスが崩れることでフケが出やすくなります。

外耳炎の併発も多く、ベタベタした黒い耳垢が出てきます。

常在菌のバランスも崩れやすくなるので、ブドウ球菌やマラセチアが増えてしまうことも。高温多湿になるとさらに皮脂の分泌が増えるので、梅雨から夏にかけては特に症状が出やすくなります。

 

マラセチア性皮膚炎

マラセチアも、ブドウ球菌と同じく皮膚に生息している常在菌です。

マラセチアはワンちゃんの皮脂をエサに生きているため、シーズーなど皮脂が過剰に分泌されてしまう犬種で増えやすいです。

脂漏症やアトピー性皮膚炎が原因となることが多く、皮膚の赤みやベタベタしたフケ、かゆみなどがみられます。

 

ニキビダニ症(毛包虫症)

ニキビダニは毛穴に生息する寄生虫です。子犬では、お母さんから母乳をもらうときにうつってしまうことがあります。

まだ免疫がしっかり備わっていない若齢期や、他の病気で免疫が落ちているときにニキビダニが増えて、皮膚炎を引き起こします。

 

ニキビダニは毛穴に生息しているので、症状も毛穴と同じ場所にあらわれます。

特に顔周りや足先には症状が出やすく、赤いブツブツや脱毛がみられたりします。かゆみはあまり強くないことが多いですが、他の皮膚炎を併発していると強くなることもあります。

 

 

スキンケアによる予防

ワンちゃんの皮膚にも人と同じように、「ターンオーバー」という機能が備わっています。

その皮膚の自浄作用をサポートしてあげることが、スキンケアの目的です。

ただし皮膚の状態によっては、お手入れをし過ぎることでかえって皮膚に負担をかけてしまうことも。

スキンケアを行う際には、シャンプーの種類や頻度など、しっかり動物病院で相談しましょう。

 

シャンプーやブラッシングだけではなく、お散歩のときに服を着せて紫外線を防ぐ、加湿器などを活用して湿度を保つ、部屋を常に清潔にしてアレルゲンを減らすなど、生活環境を整えてあげることも大切です。

アイペットのペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

CATEGORY
記事のカテゴリ一覧

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。