犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

猫が血尿したら?考えられる原因や予防法を解説

猫ちゃんは、膀胱炎や尿石症といった泌尿器系の病気になりやすい傾向があります。
異常に早く気付くためにも、毎日猫ちゃんのおしっこチェックを欠かさないようにしたいですね。
ここでは飼い主さんが気付きやすい症状である、「血尿」についてお話したいと思います。

アイペットのペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

血尿とは?

正常な猫ちゃんのおしっこは、人と一緒でやや薄い黄色です。

「血尿」とは文字通り血の混じったおしっこで、濃いオレンジ色~真っ赤になります。

溶血性貧血やタマネギ中毒でも赤いおしっこが出ることがありますが、これは「血色素尿」といって、血尿とは区別されます。

血色素尿は血が混じっているのではなく、体の中で赤血球が破壊されて漏れ出た色素のせいで、おしっこが赤く見えるというものです。

 

 

血尿の原因は?

おしっこは腎臓でつくられて、尿管、膀胱、尿道を通って排出されます。

血尿が出ているときは、このおしっこの通り道のどこかから出血が起こっていると考えられます。

では、血尿が出る病気にはどんなものがあるでしょうか?

 

膀胱炎

猫ちゃんの泌尿器系の病気の中でも、膀胱炎は特に多い病気です。

膀胱炎の中でも、検査をしても結石や細菌といったものが出てこない、原因不明の「特発性膀胱炎」が多くみられます。

膀胱炎では血尿の他にも、頻繁にトイレに行くのにおしっこが少ししか出ない、痛みから排尿時にうなり声をあげる、トイレ以外の場所で排泄する、外陰部をなめるなどの症状がみられます。

 

細菌感染が原因となっている膀胱炎の場合には、普段よりもおしっこのにおいがきつくなることがあります。

特発性膀胱炎はストレスが引き金になっていることが多く、再発しやすい病気です。

猫ちゃんにとって何がストレスになっているのかを見極めて、ストレスの原因や環境の変化を極力減らす工夫をしてあげましょう。

 

尿石症

尿石症はどんな年齢の猫ちゃんにもみられます。

結石が尿管や尿道に詰まっておしっこが出なくなってしまうと命に関わることもある、怖い病気です。

特に雄は尿道がS字に曲がっていて細いので、雌よりも結石が詰まりやすい傾向があります。

症状は膀胱炎と似ており、尿石症が原因となって膀胱炎が起こることも多いです。

 

おしっこに結晶や砂状の結石が含まれている場合、キラキラと光ってみえることもあります。
猫ちゃんではストルバイトやシュウ酸カルシウムといった結石がほとんどです。

結石の種類や大きさによっては療法食で溶かせることもありますが、再発予防のために療法食を続けた方が良い場合もあります。

肥満や運動不足は尿石症のリスクになるので、普段から体重管理には気をつけて、遊びや運動の時間を十分に確保してあげましょう。

 

その他

あまり多くはありませんが、腎臓や膀胱の腫瘍から出血があったり、交通事故や落下事故で出血があった場合に、血尿が出ることもあります。
ちなみに、猫ちゃんはワンちゃんと違って発情出血が起こることはないので、発情期かな?と思って病気を見逃してしまうことのないように注意しましょう。

血尿の原因はさまざまなので、動物病院へ行く際には、おしっこの色だけではなく回数や量、におい、排泄時の姿勢、排泄以外の症状など、なるべく詳しく伝えられると良いですね。

 

 

予防法は?

完全に予防をすることは難しいですが、飲水量を増やすことで、膀胱炎や尿石症のリスクを減らすことができます。

猫ちゃんはあまり積極的にお水を飲まない子も多いので、お水の数を増やす、与え方を変えてみる、ウェットフードをあげるなど、水分をとれる工夫をしてあげましょう。

おしっこを我慢させることがないよう、トイレを常に清潔に保っておくことも大切です。

 

さらに、うちの子がどんなときに血尿になってしまうのかをしっかり飼い主さんが把握し、原因をなるべくつくらないようにして、ストレスフリーな生活環境を整えてあげましょう。

 

膀胱炎や尿石症は再発も多いので、症状がなくても定期的におしっこ検査に行くようにすればさらに安心ですね。

アイペットのペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

CATEGORY
記事のカテゴリ一覧

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。