犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

猫がイカを食べても大丈夫?腰を抜かすって本当?

タウリンやタンパク質など豊富な栄養素のイカ。しかし猫に与えるのはあまりおすすめしません。「猫がイカを食べると腰を抜かす」と言われるのにはちゃんと理由があるようです。

 

猫はイカを食べられるの?

イカは猫が少し口にしたところで、すぐに重篤な病気や死に至るわけではありません。

しかし、消化があまり良くないので、嘔吐や下痢を起こしたり、胃腸に負担がかかる恐れがあるため、特にシニア猫や子猫にはあげない方が安心です。

イカに含まれるタウリン、タンパク質などは猫にも必要な栄養素ですが、総合栄養食のキャットフードを普段食べさせていれば、イカで栄養をプラスしなくても良いでしょう。

 

「猫がイカを食べると腰を抜かす」って本当?

生イカの内臓に含まれる「チアミナーゼ」という酵素は猫の体内のビタミンB1を壊してしまいます。ビタミンB1欠乏症になると、よだれが多くなる、食欲低下、ふらついて歩けなくなるといった症状が現れます。この状態を見て「猫が腰を抜かす」と言われてきたと考えられます。ただ、こうした症状はイカを長期間、大量に与えると見られるもので、もし猫がイカをひと口食べた程度なら、慌てて病院に駆け込む心配はありません。

なお「チアミナーゼ」はイカ以外に、ハマグリなどの二枚貝や、タコにも含まれます。食べさせないよう気をつけましょう。

 

あげるときの注意は?スルメは食べても大丈夫?

イカをあげるときは、生のまま与えずに加熱してください。「チアミーゼ」は熱に弱く、また、寄生虫のアニサキスも熱を加えることで死滅すると言われます。

アニサキスはイカなど魚介類の内臓や身へ寄生し、人間では食中毒の重篤な症状を引き起します。猫のアニサキス中毒はまだ報告されていませんが、用心に越したことはありません。

生のイカを乾燥して作られたスルメは、消化が悪く、胃の水分で膨れて胃腸に詰まる危険も。猫にねだられても与えないでください。アタリメ、さきいかなども匂いにつられて猫が口にしないよう注意が必要です。

 

※この記事はイカを猫に与えることをおすすめするものではありません。人間には良くても猫の体にもプラスになるとは限りません。必要な栄養の吸収を妨げたり、悪影響を及ぼす場合もあります。猫の食事には、必要な栄養が配合されている総合栄養食としてのキャットフードを推奨します。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。