オリエンタル

オリエンタル

オリエンタルはシャムを元に生み出された品種で、短毛種のオリエンタル・ショートヘアと、長毛種のオリエンタル・ロングヘアがいます。長くすらっとした体に大きな耳が特徴で、活発さと知性を合わせ持っており、飼い主によくなつきます。シャムのグループの品種は基本的に似たような身体的特徴を持っていますが、毛の長さと色によって品種が区別されます。また、オリエンタルの中にも多様な毛の長さと毛色が存在し、色々な組み合わせのパターンがあります。シャム同様比較的丈夫な品種ではありますが、泌尿器系の病気には注意が必要です。

オリエンタルのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成猫

  • 猫カゼ
    主にヘルペスやカリシといったウイルスが感染することで、くしゃみ、咳、鼻水、発熱などのカゼ症状がでます。また、目ヤニがみられることも多いです。特に免疫力の低い子猫や高齢の猫では重症化することもあります。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。

成猫~

  • 皮膚腫瘍
    皮膚にできる腫瘍には、良性のものから悪性のものまで様々あります。品種によってできやすい腫瘍もありますが、基本的にはどんな犬猫でも注意するべき病気です。
  • 歯周病
    歯垢に含まれる歯周病菌が、歯と歯肉の間に入って炎症を起こします。歯垢は放っておくとザラザラした歯石になり、さらに歯垢が付きやすくなってしまいます。進行すると歯が抜けたり皮膚に穴が開いたり、菌が血液にのって心臓や腎臓に運ばれて炎症を起こすことがあります。
  • 慢性腎臓病
    腎臓の働きが悪くなり、体内の毒素を尿として排出できなくなってしまう病気です。高齢の猫に非常に多く、徐々に進行していきます。水をたくさん飲む、おしっこが薄くなり量が増える、食欲不振、嘔吐などの症状がみられます。
  • 猫種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

オリエンタルの保険金請求事例

猫カゼの場合

くしゃみが出るため、病院に連れて行きました。「猫カゼ」と診断され、お薬で経過を見ることになりました。

年齢 0歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 2,500
お薬 5,100
合計 9,100
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
6,370円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
2,730円
お客さま負担額
9,100円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

尿石症の場合

血尿が出たため、気になって病院に連れて行きました。検査の結果、膀胱に結石が見つかり、お腹を切って結石を取り出す手術を行いました。

年齢 4歳 内容 手術1回、入院3日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(2泊3日) 9,000
検査 25,000
全身麻酔 17,500
手術 45,000
結石分析 4,500
点滴 12,600
処置 6,000
注射 5,400
お薬 2,000
合計 127,800
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
89,460円
「うちの子ライト」補償額
115,020円
お客さま負担額
38,340円
お客さま負担額
12,780円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

オリエンタルの特徴

歴史

オリエンタルは、1950年代にイギリスで生み出されました。元となったシャムに、ロシアン・ブルー、ブリティッシュ・ショートヘア、アビシニアンなどが交配されました。その結果生まれた、シャムとは色の出方の異なる猫が、現在のオリエンタルの祖先となりました。当初シャムの毛色以外の猫たちには、その毛色が品種名として付けられ区別されていましたが、種類が多すぎることからオリエンタルにまとめられました。その後オリエンタルは1970年代にアメリカへ渡り、さらに毛色のバリエーションも増えていきました。

容姿

細身でなめらかな体つきで、全体的に上品で優美です。大型ではありませんが、細い体の割には筋肉質で、意外とずっしりしています。首は長く、頭は三角形です。耳は非常に大きくて幅が広く、目はアーモンド型でパッチリしています。ショートヘアの毛は非常に短くて光沢があり、体に沿っています。毛色や模様には様々なパターンがあり、その数は280を超えると言われています。

オリエンタルの飼育のポイント

活発で社交的なシャムの性格を受け継いでいるオリエンタルは、遊ぶのが大好きでとても甘えん坊です。頭が良く、犬のように投げたおもちゃを取ってくる遊びをする子もいるようです。好奇心旺盛で運動能力も高いので、高いところや目の届かないところには危険なものを置かないように注意しましょう。一人遊びも得意ですが、シャム同様、よくしゃべる(よく鳴く)猫なので、話を聞いてほしそうな時は相手をしてあげましょう。基本的には家族と一緒に過ごすことを好み、子供や他のペットとも仲良くなれる子が多いです。ただ、その寂しがりやな性格ゆえに、お留守番が多すぎるとストレスになってしまうこともあるので、毎日しっかりコミュニケーションをとるようにしましょう。

猫種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)