オリエンタル・ショートヘア

オリエンタル・ショートヘア

オリエンタルはシャム(サイアミーズ)グループの一種で、被毛には短く光沢のあるショートへアと、優雅なセミロングの2種類があります。長くすらっとした体と小さな顔が特徴です。

性格は活発でおしゃべり、頭がよく、家族によく懐きます。甘えん坊で遊ぶのも大好きなので、犬のような性格と言われることもあります。遺伝的には泌尿器系の病気になりやすいので、排泄の様子には普段から気を配っておきましょう。

オリエンタル・ショートヘアのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成猫

  • 猫カゼ
    主にヘルペスやカリシといったウイルスが感染することで、くしゃみ、咳、鼻水、発熱などのカゼ症状がでます。また、目ヤニがみられることも多いです。特に免疫力の低い子猫や高齢の猫では重症化することもあります。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。
  • 異物誤飲
    食べてはいけないものを飲み込んでしまうことです。異物には、中毒を起こす食べものや、胃や腸に刺さったり詰まったりしてしまうものが含まれます。嘔吐や下痢などの消化器症状がみられたり、命の危険に繋がることもあります。

成猫~

  • 慢性腎臓病
    腎臓の働きが悪くなり、体内の毒素を尿として排出できなくなってしまう病気です。高齢の猫に非常に多く、徐々に進行していきます。水をたくさん飲む、おしっこが薄くなり量が増える、食欲不振、嘔吐などの症状がみられます。
  • 皮膚腫瘍
    皮膚にできる腫瘍には、良性のものから悪性のものまで様々あります。品種によってできやすい腫瘍もありますが、基本的にはどんな犬猫でも注意するべき病気です。
  • 猫種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

オリエンタル・ショートヘアの保険金請求事例

慢性腎臓病の場合

毛並みが悪くなり、病院に連れて行くと、「慢性腎臓病」と診断されました。現在、点滴治療のため週に1回通院し、血液検査も定期的に行っています。

年齢 8歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
検査 4,500
点滴 2,000
お薬 4,700
合計 12,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
8,400円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
3,600円
お客さま負担額
12,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

異物誤飲の場合

リボンを飲み込んでしまったようだったので、病院に連れて行きました。検査の結果、腸の中にリボンが見つかり、お腹を切って摘出手術を行いました。

年齢 0歳 内容 手術1回、入院6日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
入院(5泊6日) 27,000
検査 10,000
全身麻酔 15,000
手術 130,000
点滴 20,000
処置 10,000
注射 6,000
お薬 1,300
合計 220,800
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
154,560円
「うちの子ライト」補償額
198,720円
お客さま負担額
66,240円
お客さま負担額
22,080円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

オリエンタル・ショートヘアの特徴

歴史

オリエンタルは1950年代、イギリスで人の手によって生み出された猫種です。多くの猫たちが減ってしまった第二次世界大戦後、ブリーダーたちは繁殖プログラムを再構築しようと奮闘しました。
その中で、ロシアン・ブルー、ブリティッシュ・ショートヘア、アビシニアンなどがシャムと交配され、シャムによく似た、しかしポイントを持たない猫が誕生しました。これが、現代のオリエンタルの祖先となりました。
当時は毛色によってそれぞれが別の猫種として認識されていましたが、毛色のバリエーションがあまりにも多いことが明らかとなり、オリエンタルという一つの猫種として統一されました。
1970年代にはアメリカへ輸入され、さらにカラーバリエーションが増えていきました。

容姿

細身の体にしては驚くほど重い筋肉を持っているアスリート体型です。肩からお尻にかけての幅が同じで、手足や尾も長くてスレンダーです。正面から見ると頭は三角形で、マズルに向かって滑らかに先細りになっています。
耳は非常に大きく根元が広く、目はアーモンド型で緑色が望ましいとされます。
ショートヘアの被毛はとても短く光沢があり、体に沿っています。毛色はあらゆる色が存在します。

オリエンタル・ショートヘアの飼育のポイント

活発で頭がよく、遊ぶのが大好きな猫です。犬のように取って来いの遊びを好む子も多く、疲れ知らずにおもちゃを飼い主さんの元へ持ってきます。大人になっても遊びへの興味を失うことはなく、生涯子猫のままのような性格です。
運動神経抜群で高いところにも飛び乗れるので、どんなに高い場所でも安全とは言えません。
食べてはいけないものや、落ちると危険なものを置かないように注意しましょう。
とにかく家族と一緒にいるのが大好きで、人との絆を必要としています。一人でいるのは苦手なので、お留守番を短くするか、他のペットを飼ってあげると良いかもしれません。
おしゃべりな子も多いので、団らんの時間には話を聞いてあげたり、たくさんコミュニケーションを取ってあげましょう。

猫種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)