ペキニーズ

ペキニーズ

中国王室で門外不出の神聖な犬とされ、王族が袖に入れて可愛がるほど寵愛された犬種です。その黄金色の豊かなたてがみから、「ライオン・ドッグ」とも呼ばれていました。愛らしい外見をしている一方で、独立心が強く、マイペースで頑固、飼い主さんは私のもの!と独占しようとします。そんな性格もペキニーズの魅力と言えるでしょう。小さく華奢な体つきのため、骨折などの事故には特に注意が必要です。

ペキニーズのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • 膝蓋骨脱臼(パテラ)
    大腿骨の溝にはまっている膝蓋骨という膝の骨が、内側や外側に外れてしまった状態です。特に小型犬では、生まれつき溝が浅かったり、膝蓋骨を支える靭帯の力が弱くて発生することが多いです。膝を曲げ伸ばしする時に痛みが出て、歩きづらくなることもあります。
  • 短頭種気道症候群
    呼吸困難を引き起こすようないくつかの病気が重なって起こる、マズルの短い短頭種に特有の病気です。いびき、口をあけてハアハアする呼吸(パンティング)、嚥下障害、嘔吐などの症状がみられ、暑さや肥満で悪化することがあります。
  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。

成犬~

  • 僧帽弁閉鎖不全症
    心臓の左の部屋にある僧帽弁という扉が上手に閉じなくなって、血液が逆流してしまう病気です。主に遺伝や加齢によって起こります。軽度の場合は症状が出ないことも多いですが、進行すると運動するのを嫌がったり、咳が出たりします。
  • 白内障
    ものを見る時に焦点を合わせる役割をしている水晶体が白く濁って、視力が落ちてしまう病気です。加齢に伴って起こることが多いですが、遺伝や他の病気が原因で、若い子に起こる場合もあります。目が白く見えたり、ものにぶつかるようになるなどの症状がみられます。
  • 皮膚腫瘍
    皮膚にできる腫瘍には、良性のものから悪性のものまで様々あります。品種によってできやすい腫瘍もありますが、基本的にはどんな犬猫でも注意するべき病気です。
  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

ペキニーズの保険金請求事例

皮膚炎の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 4歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 2,500
合計 7,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
4,900円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
2,100円
お客さま負担額
7,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

膝蓋骨脱臼の場合

お散歩中に、後ろ足をスキップするように歩いていることに気づき、病院に連れて行きました。検査の結果「膝蓋骨脱臼」と診断され、膝蓋骨を正常な位置に治す手術を行いました。

年齢 2歳 内容 手術1回、入院6日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(5泊6日) 15,000
検査 25,000
全身麻酔 15,000
手術 165,000
点滴 14,400
処置 10,500
注射 6,000
お薬 2,300
合計 254,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
177,800円
「うちの子ライト」補償額
228,600円
お客さま負担額
76,200円
お客さま負担額
25,400円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

ペキニーズの特徴

歴史

祖先犬はラサ・アプソという犬種であったと言われています。この犬は中国で古い歴史を持っており、ラマ教の教主ダライ・ラマによって紀元前秦の始皇帝をはじめとし歴代の皇帝に貢物として贈られていたと言われています。宮廷ではこれを門外不出の犬として寵愛し改良してペキニーズが生み出されたといいます。この犬がいたという記録は8世紀の唐の時代までさかのぼることができますが、それ以前の記録はありません。1860年、アヘン戦争で中国と戦ったイギリスの士官が、宮廷に置き去りにされていた西太后の愛犬であるペキニーズ5, 6頭を保護してイギリスに持ち帰ったのが、最初にヨーロッパに渡ったきっかけです。その後、イギリスでもビクトリア女王をはじめ、宮廷や貴族に寵愛されていましたが、1893年にショーに登場したのをきっかけに人気犬種となり、現在も世界中で親しまれています。

容姿

ライオンのような見た目をしていて、幅広いずんぐりとした体型をしています。前足は短く、かがんでいるように見えます。かなり大きく幅広い頭部にはハート型の耳が離れてついており、耳のふさふさとした毛は口の下まで垂れ下がっています。目はくっきりしていて、色は暗色です。毛は長くまっすぐで、四肢や尾、足の指など一部には飾り毛があります。特に、ライオンのたてがみのような首周りの毛が豊富です。カラーはブラック、レッド、ホワイト、フォーン(やや明るい褐色)など、さまざまな色があります。

ペキニーズの飼育のポイント

可愛らしい見た目に反し、性格は独立心が強く、確固たる意思を持ち、頑固な一面があります。また飼い主や自分のテリトリーに対する独占欲が強く、見知らぬ人には冷ややかな態度をとることがあります。自分がリーダーになりたいという思いも強いため、可愛いからといって過度に甘やかしすぎず、きちんとトレーニングをしてあげましょう。豊かな被毛はこまめなブラッシングが必要です。立派なたてがみに隠れた耳は垂れ耳のため、外耳炎にも注意が必要です。お手入れ時には耳もめくって、赤みがないか嫌なにおいがしないか確認しましょう。目元は涙やけで皮膚炎を起こしやすいので、軽くぬらした布で優しく拭き取り、清潔に保っておきます。鼻元のしわも汚れが溜まりやすいため同時に拭き取りましょう。運動は外をのんびりお散歩したり、室内で一緒に遊んであげます。室内で運動させる際は、段差をなくし、滑りやすい床にカーペットを敷くなどして、関節を痛めたり、骨折してしまわないように配慮してあげましょう。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)