ボルゾイ

ボルゾイ

ボルゾイの流線型でしなやかな体にスラっと伸びた優美な四肢は、まさに”高貴”という言葉がふさわしい犬です。その美しい姿は世界中の人々から絶賛されています。ウサギやオオカミ猟で活躍してきた狩猟犬であるため、獲物を見つけると追いかけようとします。多くの運動量も必要であるため、犬の飼育経験が少ない人には飼育が難しい犬でもあります。また、運動時には、大型犬に起こりやすい胃捻転の危険性を減らすために、ごはんを食べた直後の激しい運動は控えましょう。

ボルゾイのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • 外耳炎
    耳の穴から鼓膜までの外耳に炎症が起こります。原因は細菌、真菌、寄生虫、アレルギーなど様々で、耳が垂れている子や耳が蒸れやすい夏場に多くみられます。耳をかゆがったり、頭を振ったり、においが出てきたりします。
  • ウォブラー症候群
    大型犬の成長期に多くみられ、首の骨に何らかの異常があって神経が圧迫されてしまう病気です。多くの場合は後ろ足のふらつきからはじまり、ゆっくりと進行して前足にも麻痺が広がっていきます。
  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。

成犬~

  • 白内障
    ものを見る時に焦点を合わせる役割をしている水晶体が白く濁って、視力が落ちてしまう病気です。加齢に伴って起こることが多いですが、遺伝や他の病気が原因で、若い子に起こる場合もあります。目が白く見えたり、ものにぶつかるようになるなどの症状がみられます。
  • 胃捻転
    食べ物や液体でいっぱいになった胃が拡張し、ねじれてしまう病気です。原因ははっきりしていませんが、特に胸の縦幅が広い犬に起こりやすく、お腹が膨れる、吐き気、よだれ、元気消失、呼吸困難などの症状がみられます。食べすぎや食後の運動が原因となることがあります。
  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

ボルゾイの保険金請求事例

皮膚炎(大型犬)の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 4歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 6,000
合計 10,500
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
7,350円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
3,150円
お客さま負担額
10,500円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

胃捻転の場合

ごはんの後、突然よだれを垂らし、ぐったりしてしまったので、急いで病院に連れて行きました。「胃捻転」と診断され、すぐにお腹を切って手術を行いました。

年齢 11歳 内容 手術1回、入院6日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 5,000
入院(5泊6日) 30,000
検査 43,000
全身麻酔 35,000
手術 170,000
点滴 20,000
処置 20,000
注射 15,000
お薬 5,000
合計 343,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
240,100円
「うちの子ライト」補償額
308,700円
お客さま負担額
102,900円
お客さま負担額
34,300円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

ボルゾイの特徴

歴史

ロシア原産のボルゾイは9世紀にも渡り、文化と歴史において重要な役割を担ってきました。11世紀のフランスの年代記によると、キエフ大公国からフランスに嫁ぎ、フランス王であるアンリ一世の妻となったアンナ・イアロスラバ女史がフランスに3頭のボルゾイを連れてきたと記されています。この犬種の所有者には皇帝など著名な人々が多くおり、たとえばイワン雷帝やピョートル大帝などが所有していました。中世の終わり頃にはウサギやオオカミ猟で活躍し、その当時はロシアン・ウルフハウンドとして知られていましたが、その後ロシア語で「俊敏」「機敏」を意味するボルゾイに名前が改められました。19世紀末からは北アメリカやヨーロッパなどでも見られるようになり、コヨーテやジャッカル猟で活躍してきました。現在は、犬のレースなどでもポピュラーな犬種として親しまれています。

容姿

高貴な外見で、体は大型、細く引き締まり、同時にがっしりとしています。アーチ型を描く強靭な背中と良く発達した後ろ足で、駆け足にはスピードがあります。顔立ちは細長く、目の色は暗色で、独特な長いマズルを持ち、尾も大変長くなっています。毛は長く、絹のようで、特に後ろ足と胸と尾で羽のようにふさふさとしています。毛色はさまざまですが、ホワイトが基調となっていることが多いです。

ボルゾイの飼育のポイント

ボルゾイは感覚が鋭く、神経が細かいところがありますが、温和ではしゃぐことも好きです。人前でおどけたり、じゃれたりし、子どもとのふざけ遊びも大好きです。狩猟犬として活躍していたこともあり、多くの運動量を必要とするため、毎日長時間たっぷりとお散歩してあげましょう。ドッグランで思いっきり走らせてあげてもよいでしょう。その際、動くものや他の動物見つけると、突然興奮し、追いかけようとして事故を起こしてしまうこともあります。ケガを避けるためにも訓練はしっかりと行い、事故防止に努めましょう。ふわふわな被毛は毎日ブラッシングをしてお手入れしてあげましょう。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)