チベタン・スパニエル

チベタン・スパニエル

ドーム型の頭に高い位置についた垂れ耳、羽毛のように巻いた尾がなんとも愛らしい犬種です。「プレイヤー・スパニエル(祈祷のための犬)」とも呼ばれ、チベットの寺院で大切にされてきました。いつも陽気ですが、見知らぬ人にはよそよそしい一面もあります。小さく華奢な体つきのため、骨折などの事故には特に注意が必要です。

チベタン・スパニエルのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • 外耳炎
    耳の穴から鼓膜までの外耳に炎症が起こります。原因は細菌、真菌、寄生虫、アレルギーなど様々で、耳が垂れている子や耳が蒸れやすい夏場に多くみられます。耳をかゆがったり、頭を振ったり、においが出てきたりします。
  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。
  • 骨折
    骨折の多くは、飼い主さんの不注意によって起こります。特に犬では段差や抱っこからの落下による前足の「橈尺骨(とうしゃっこつ)」の骨折が多く、猫では扉や窓に挟まれる事故の例が多く見られます。

成犬~

  • 歯周病
    歯垢に含まれる歯周病菌が、歯と歯肉の間に入って炎症を起こします。歯垢は放っておくとザラザラした歯石になり、さらに歯垢が付きやすくなってしまいます。進行すると歯が抜けたり皮膚に穴が開いたり、菌が血液にのって心臓や腎臓に運ばれて炎症を起こすことがあります。
  • 白内障
    ものを見る時に焦点を合わせる役割をしている水晶体が白く濁って、視力が落ちてしまう病気です。加齢に伴って起こることが多いですが、遺伝や他の病気が原因で、若い子に起こる場合もあります。目が白く見えたり、ものにぶつかるようになるなどの症状がみられます。
  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

チベタン・スパニエルの保険金請求事例

外耳炎の場合

何度か外耳炎を繰り返していて、その都度、病院で耳の洗浄を継続して行っています。

年齢 3歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
処置 800
お薬 1,400
合計 3,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
2,100円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
900円
お客さま負担額
3,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

骨折の場合

ソファーから飛び降りたところキャンと鳴いて、前足をかばうようになりました。病院で検査をしたところ、「骨折」と診断され、折れた骨をつなぐ手術を行いました。

年齢 0歳 内容 手術1回、入院5日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(4泊5日) 10,000
検査 20,500
全身麻酔 32,500
手術 237,000
処置 3,400
注射 4,500
合計 308,700
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
216,090円
「うちの子ライト」補償額
277,830円
お客さま負担額
92,610円
お客さま負担額
30,870円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

チベタン・スパニエルの特徴

歴史

チベタン・スパニエルは、チベット地方に非常に古くからいた犬種とされていますが、文献がなく詳細はわかっていません。ペキニーズとは相似点が多いため、祖先は同じだと考えられています。チベットでは僧院で飼育され、歴代のダライ・ラマ(ラマ教の教主)にも可愛がられていたそうです。20世紀初頭、イギリスに輸入され、犬種標準が定められ、世界各国で飼育されるようになりました。

容姿

小型で、バランスが取れている体型をしています。頭部はややドーム状で、中くらいの長さのマズルはややアンダーショットです。耳は高い位置につき、垂れ下がっています。羽毛が生えたような尾は高い位置につき背負う形になっています。絹のような毛はダブルコートで、耳の上や前足の裏側では大変長くなっています。毛色はありとあらゆる色があります。

チベタン・スパニエルの飼育のポイント

陽気な性格で自信たっぷり。愛らしい見た目に反して頑固で、見知らぬ人にはよそよそしいところがあります。自分の独断で動くところがあるため、可愛いからといって過度に甘やかしすぎず、キチンとトレーニングをしてあげましょう。被毛は定期的にブラッシングしてお手入れしてあげましょう。垂れ耳のため、外耳炎にも注意が必要です。お手入れ時には耳もめくって、赤みがないか嫌なにおいがしないか確認しましょう。非常に活発なため、運動は毎日してあげましょう。歩いたり走ったり緩急をつけながらお散歩してあげると良いでしょう。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)