シャー・ペイ

シャー・ペイ

体中が皺だらけのユニークな風貌で、少し悲しげな表情もシャー・ペイの特徴です。しかしその顔とは裏腹に性格はとても明るく、自立心旺盛です。家族に対して愛情深く、良い子どもの遊び相手にもなってくれます。また、とても忠実な性格なので、しっかりと訓練することで頼れる番犬にもなってくれます。体の皺はシャー・ペイ最大の魅力でもありますが、皮膚の病気にもなりやすいので、日ごろから清潔に保ってよく観察してあげることが大切です。

シャー・ペイのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • 異物誤飲
    食べてはいけないものを飲み込んでしまうことです。異物には、中毒を起こす食べものや、胃や腸に刺さったり詰まったりしてしまうものが含まれます。嘔吐や下痢などの消化器症状がみられたり、命の危険に繋がることもあります。
  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。
  • 短頭種気道症候群
    呼吸困難を引き起こすようないくつかの病気が重なって起こる、マズルの短い短頭種に特有の病気です。いびき、口をあけてハアハアする呼吸(パンティング)、嚥下障害、嘔吐などの症状がみられ、暑さや肥満で悪化することがあります。
  • チェリー・アイ
    通常は目の中にしまわれている第三眼瞼(瞬膜)という部分が、常に出てしまっている状態です。第三眼瞼を固定している線維が、遺伝的に欠損していたり、外傷によって損傷することで起こります。

成犬~

  • 緑内障
    目の中に入っている水が増えすぎて、眼球内の圧力が高くなってしまった状態です。主に遺伝や目の中の腫瘍、炎症などによって起こります。痛みにより瞬きや涙が増えたり、進行すると目が大きくなって牛のように突出したり、失明してしまうこともあります。
  • 肥満
    適正体重は品種や年齢によってそれぞれですが、上から見てややくびれがあり、脇腹を触って肋骨の感触が分かるのが理想の体型です。肥満は万病の元なので、適度な運動と食事管理が必要です。
  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

シャー・ペイの保険金請求事例

皮膚炎の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 4歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 2,500
合計 7,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
4,900円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
2,100円
お客さま負担額
7,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

異物誤飲の場合

おもちゃを飲み込んでしまったので、病院に連れて行きました。検査の結果、胃の中に見つかり、全身麻酔をかけて内視鏡で取り出しました。

年齢 0歳 内容 手術1回、入院2日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(1泊2日) 3,000
検査 15,000
全身麻酔 13,000
内視鏡 37,500
点滴 3,000
注射 4,000
お薬 1,460
合計 77,760
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
54,432円
「うちの子ライト」補償額
69,984円
お客さま負担額
23,328円
お客さま負担額
7,776円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

シャー・ペイの特徴

歴史

祖先はその容姿からチベタン・マスティフであるという説がありますが、舌の色がブルーであることから、チャウ・チャウであるという説もあります。原産は中国広東省で、南シナ海の沿岸に何百年もの間生存していたとされます。古くから羊など家畜の見張りをしたり、侵入者を防いだり、当時中国で盛んであった闘犬の場で活躍していたようです。体中のたるみは、闘犬の際にかなり有利であったと考えられます。そして第二次世界大戦後にアメリカへ渡り、1978年にはギネスブックに「世界で最も珍しい犬」として紹介され、広く知られるようになりました。現在では家庭犬や番犬として愛されています。

容姿

コンパクトな体型で、体中にたるんだ皺があります。頭は体のバランスに対しては大きく、マズルは短いですが広く膨らんでいます。首は太く、尾は付け根が丸くて先細りになっており、背中に向かってくるんと巻いています。耳は三角形で前方に垂れており、目は小さなアーモンド型で暗色です。舌はチャウ・チャウを思わせるような青みがかったブラックです。毛は硬い直毛で、色はブラック、レッド、明るいフォーン(金色がかった色)、クリームなどがあります。

  • 当社のペット保険「うちの子」の保険料は、小型・中型・大型で分類されており、本ページに記載の一般的な犬のサイズとは異なりますので、ご注意ください。
    詳細は以下の犬種分類表にてご確認ください。

犬種分類表はこちら

シャー・ペイの飼育のポイント

シャー・ペイは基本的に冷静で落ち着いた性格ですが、闘犬としての素質を持った犬種でもあります。気の強さや闘争心が過剰に出てしまわないよう、子犬の頃からしっかりと社会性を身につけさせましょう。十分な体力とパワーがあるので、満足のいく運動をさせるのはなかなか大変です。でも、体中の皺が体格を隠してしまうので、肥満になっていてもなかなか気付けない可能性があります。肥満の予防とストレス発散のためにも、毎日運動の時間を確保することが必要です。また、皺のせいで皮膚の間が蒸れると、皮膚炎を起こすきっかけとなる菌が増えてしまうことがあります。定期的にブラッシングをし、皺の間はタオルで拭くなどして、常に清潔に保つよう心がけましょう。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)