スコティッシュ・テリア

スコティッシュ・テリア

「スコッティ」の愛称で親しまれる犬種で、テリアらしい気高い気質を持っています。元々猟犬であったことから、小さな体のわりには体力があり非常に活発です。基本的には家族に対して愛情深く忠実ですが、しつこくされるのはあまり得意ではありません。自立していて頑固な一面もあるので、子犬の頃からしっかり訓練して信頼関係を築くことが大切です。皮膚が悪くなりやすいので、日ごろからお手入れをして状態をチェックしてあげましょう。

スコティッシュ・テリアのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。
  • 膝蓋骨脱臼(パテラ)
    大腿骨の溝にはまっている膝蓋骨という膝の骨が、内側や外側に外れてしまった状態です。特に小型犬では、生まれつき溝が浅かったり、膝蓋骨を支える靭帯の力が弱くて発生することが多いです。膝を曲げ伸ばしする時に痛みが出て、歩きづらくなることもあります。

成犬~

  • 皮膚腫瘍
    皮膚にできる腫瘍には、良性のものから悪性のものまで様々あります。品種によってできやすい腫瘍もありますが、基本的にはどんな犬猫でも注意するべき病気です。
  • 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
    副腎皮質からコルチゾールというホルモンが過剰に分泌されることで起こります。副腎に指示を送る脳の下垂体が腫瘍化して、ホルモンの分泌量が調節できなくなることが主な原因です。お水をたくさん飲む、おしっこの量が増える、食欲が増す、お腹が膨れる、毛が抜けるなどの症状がみられます。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。
  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

スコティッシュ・テリアの保険金請求事例

皮膚炎の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 4歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 2,500
合計 7,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
4,900円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
2,100円
お客さま負担額
7,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

膝蓋骨脱臼の場合

お散歩中に、後ろ足をスキップするように歩いていることに気づき、病院に連れて行きました。検査の結果「膝蓋骨脱臼」と診断され、膝蓋骨を正常な位置に治す手術を行いました。

年齢 2歳 内容 手術1回、入院6日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(5泊6日) 15,000
検査 25,000
全身麻酔 15,000
手術 165,000
点滴 14,400
処置 10,500
注射 6,000
お薬 2,300
合計 254,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
177,800円
「うちの子ライト」補償額
228,600円
お客さま負担額
76,200円
お客さま負担額
25,400円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

スコティッシュ・テリアの特徴

歴史

この犬種の歴史は何世紀も前にさかのぼるとされ、祖先犬はケアーン・テリアなどと同属であると考えられています。当初はスコットランドのアバディーン付近で飼われていたことからアバディーン・テリアと呼ばれていましたが、19世紀末に西海岸のスカイランドでスコティッシュ・テリアと呼ばれるようになりました。アナグマやカワウソ、キツネ、イタチなどの猟犬として飼育されており、地中に隠れている動物を捕らえることを得意としていました。アメリカではフランクリン・ルーズベルトをはじめとした歴代大統領の愛犬として可愛がられ、広く世間に知られるようになりました。

容姿

きゅっと引き締まった頑丈な体つきです。足は短く、地中にもぐって動物を探しやすい体型になっています。耳は三角形でピンと立っており、目はアーモンド型で間がやや離れています。マズルは太めで、頬や顎には長めのヒゲのような毛がみられます。オーバーコートは堅い針金状で、アンダーコートはやわらかく密に生えています。毛色はブリンドル(黒や褐色の混色)、ブラック&ウィートン(小麦色)などがあります。

  • 当社のペット保険「うちの子」の保険料は、小型・中型・大型で分類されており、本ページに記載の一般的な犬のサイズとは異なりますので、ご注意ください。
    詳細は以下の犬種分類表にてご確認ください。

犬種分類表はこちら

スコティッシュ・テリアの飼育のポイント

スコティッシュ・テリアは猟犬らしく、とても活動的で元気いっぱいな犬種です。運動不足はストレスの元にもなってしまうので、お散歩以外にもボール遊びなどを取り入れてあげると良いですね。ドッグランで走らせるのも良いですが、負けん気の強い一面があるので、他の犬とトラブルにならないよう注意が必要です。リードを離した状態でもしっかり自分の指示を聞いてくれるように、子犬のうちから訓練しましょう。色々な環境や人に接する機会をたくさんつくってあげると、成犬になってからも安心して一緒にお出かけを楽しめます。オーバーコートはやや絡まりやすい毛質なので、定期的にブラッシングをして毛玉を防ぎましょう。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)