犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

犬はヨーグルトを食べられる?体内に与える影響は?

発酵食品であり乳酸菌などが含まれるヨーグルトは、腸内環境を整えるなど、人間にとっては体に良いとされる食品ですが、犬にも安心してあげられる健康的な食べものなのでしょうか。

 

犬にヨーグルトをあげてもいい?

犬は牛乳に含まれる乳糖という成分を消化する酵素をあまりもっておらず、牛乳を飲むとお腹を下すことがあります。乳糖を乳酸菌が分解しているので、ヨーグルトは犬に与えても問題ないと紹介する記事もありますが、完全に乳糖が分解しきれているとは限りません。牛乳同様、ヨーグルトも下痢を引き起こす要因になることがあります。

また下痢のほかにも、膿皮症などの皮膚トラブルを発症する危険性もあるので、できる限り食べさせないようにしましょう。もしも牛乳やヨーグルトでアレルギーを起こす場合は、その他の乳製品類も与えるのは避けましょう。

 

犬の腸内環境や口臭予防に良いのでは?

人間にとってヨーグルトは、腸内善玉菌を増やし腸内環境を整えたり、発酵食品であるため消化を助ける酵素も多く含むなど、さまざまな健康的な効果が期待できます。しかし、犬にとってのメリットは実はありません。犬の腸内環境を改善するには、専用の犬の腸内細菌を増やすサプリメントを与えるほうが効果的です。また、犬の口臭予防に有効だという人もいますが、こちらもヨーグルトを食べさせても問題解消にはなりません。
人間用に作られた市販のヨーグルトは犬にとって、メリットよりも下痢やアレルギーなど心配な点のほうが多いものといえるでしょう。

乳酸菌が効果的な病気や症状は数多く報告されていますが、乳酸菌は数千もの種類があります。乳酸菌=ヨーグルトという発想で安易に犬にヨーグルトをあげないようにしましょう。

 

※この記事はヨーグルトを犬に与えることをおすすめするものではありません。人間には良くても犬の体にもプラスになるとは限りません。必要な栄養の吸収を妨げたり、悪影響を及ぼす場合もあります。犬の食事には、必要な栄養が配合されている総合栄養食としてのドッグフードを推奨します。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。