犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

りんごを犬は食べられる?あげるときの注意点は?

犬に害になる成分は含まれていないので、基本的には犬がりんごを食べても大丈夫。ただ、アレルギーをはじめ、あげるときに注意してほしい点もあるのでご紹介します。

 

りんごは犬も食べられる?

りんごはあげ方に気をつければ犬も食べられますが、シラカバ、ヨモギ、ブタクサ、スギなどのアレルギーを持つ犬に与えるのは避けましょう。ある種の動物タンパク質にアレルギーがある場合に、種の近い動植物のタンパク質にも反応してしまう、交差性アレルギーを引き起こす危険性があります。症状が出なくても、アレルゲンレベルを上げてしまいます。

また、りんごのカリウムが腎臓病の犬に良いという記事もありますが、病気の改善には繋がりません。おやつとして考えましょう。

 

りんごはどうやってあげれば良い?

大型犬でも丸飲みすると喉に詰まらせることがあります。与えるときは小さく切ってください。また、りんごの種のアミグダリンという成分は中毒をおこす危険性があるので、種は必ず取ってからあげましょう。

ペクチンやポリフェノールなどが含まれている皮も一緒にあげたいという場合は、皮は消化しにくいので細かく刻んであげましょう。ただ、りんごの皮には農薬などが付着していることもあるので、よく洗うか皮をむいた方が安心です。皮をウサギの耳型にするかわいいむき方もありますが、犬にあげる場合は耳型の部分が喉にひっかかり、吐き出しも飲み込みもできずに、窒息してしまう恐れがあります。

すりおろす際は、りんごのポリフェノールは酸化しやすく、金属イオンとも反応するため、プラスチックや陶器の器をおすすめします。

 

りんごのジュースやリンゴ酢をあげるのは?

カテキンなどのりんごジュースに含まれる成分は犬に与えても大丈夫ですが、糖分が多いのでカロリー過多に注意して少量にとどめましょう。市販のジュースよりも家で作ってあげた方が好ましいですね。

リンゴ酢をあげることも問題はないですが、メリットもありません。犬には積極的に飲ませなくて良いでしょう。

 

※この記事はりんごを犬に与えることをおすすめするものではありません。人間には良くても犬の体にもプラスになるとは限りません。必要な栄養の吸収を妨げたり、悪影響を及ぼす場合もあります。犬の食事には、必要な栄養が配合されている総合栄養食としてのドッグフードを推奨します。

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。