犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

犬はトマトを食べられる?あげる方法や注意点は?

リコピンのダイエット効果や抗酸化作用が話題になり、健康への効果が注目されるトマト。
体に良さそうで犬にも与えたくなりますが、あまり消化が良くないので積極的に食べさせることもないでしょう。

 

トマトを犬にあげるときの注意は?

トマトはアレルギーがない犬であれば、絶対に食べさせてはいけないというものではありません。ただ、スギ、ブタクサ、シラカバ等のアトピーがある犬は交差性アレルギー反応※を起こすことがあるのであげない方が良いでしょう。

トマトを犬にあげるときは完熟のものを選びましょう。青いトマトには、ジャガイモの芽のソラニンと同様の成分で、アルカロイドという有機化合物の一種である有毒な「トマチン」が含まれています。

完熟のトマトでもアルカロイドが多く含まれる、葉、茎、ヘタは取り除き、消化が良くないので皮も剥いてあげましょう。
 

ジュースや缶詰はあげても良いの?

無塩・無添加のトマトジュースやトマト缶などであれば、犬にあげても良いという記事もありますが、与えない方が安心です。また、トマトケチャップには玉ねぎのほか、香辛料や塩分など犬にとって危険なものが使われているので絶対にあげないでください。塩や調味料で味つけされたものが多いドライトマトも、与えるのは避けましょう。
 

※交差反応アレルゲンとは?
ある種の動物タンパク質のアレルギーをもつ場合に、近い種の動植物のタンパク質にもアレルギー反応を示すことを言います。スギのアトピーがある犬がトマトを食べても、絶対に症状が出るわけではありませんが、アレルゲンレベルを上げてしまいます。
 

※この記事はトマトを犬に与えることをおすすめするものではありません。人間には良くても犬の体にもプラスになるとは限りません。必要な栄養の吸収を妨げたり、悪影響を及ぼす場合もあります。犬の食事には、必要な栄養が配合されている総合栄養食としてのドッグフードを推奨します。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。