犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

猫が水を飲まない!水の種類や食器を工夫して対策

愛猫があまり水を飲まない…。こういう猫はじつは多いのです。脱水や尿路系の病気にならないためにも、水分はしっかり補給したいところ。猫に水を飲んでもらう方法を紹介します。

 

猫は水が嫌いだからいらないの?

猫の祖先は砂漠で暮らし、体が少ない水分でも機能するようになったといわれます。しかし、猫の体は60~80%を水分が占めるので、脱水までいかなくても水分が少ないと尿が濃くなり、膀胱炎や結石など尿路系の病気になりやすくなります。また、からだが脱水しても、猫は水を飲まないことがあるので「喉が渇いていないのだろう」と放置するのは危険です。水を飲んでもらえる環境を整え、猫がしっかりと水分補給できるよう心がけましょう。

 

猫が好きな水って?

猫の水はこまめに取り替え、いつも新鮮な水にしておくことが大切です。1日に数回は変えましょう。その都度、必ず器もきれいに洗ってください。また、他猫(や犬)が口をつけた水は、唾液が混じって臭いがついてしまいます。それが嫌で水を飲まない猫もいるので、多頭飼いの家では猫の数以上の飲み水を用意しましょう。

そして、猫は好みの水があったりします。次の例を参考に、色々試して愛猫の好みを見つけてください。

・ミネラルウォーター(軟水)

・木炭や竹炭を水道水に入れてカルキ臭を消したもの

・お湯を冷まして水にしたもの

・お湯

・魚や鶏肉などのゆで汁

 

流水もオススメ

ちゃんと器に水を用意してあるのに、キッチンや洗面所などの水道からポタポタたれる水や、洗面器に残っていたちょっぴりの水、はたまたお供えされた仏壇の水など、違う場所で水を飲む姿を目にします。

こうした水を飲むのは、猫の不可解といわれる行動のひとつです。与えられたのではなく「自ら獲得した水」だと好んで飲むという説もあります。猫の祖先のリビアヤマネコは水の乏しい砂漠に生息していたため、オアシスなどの水を見つけると「自ら獲得した水」と喜ぶという解釈ですが、確かではありません。ただ、猫は「好きなところで水を飲みたい」と思っているようです。用意した水に見向きもしないようなら、蛇口を少し緩め、水をぽたぽたさせておき様子を見てみましょう。

 

器の選び方と置く場所に気を配ろう

猫はひげが器に触れると嫌がり、水を飲むことや食事をやめてしまうことがあります。一度嫌になったらその器では口をつけなくなるので、ふちが広い器にしましょう。さらに、たっぷり水を入れて、器にひげが触れずに済むようにしてあげましょう。また、猫によって器の素材の好みもそれぞれです。陶器、ガラス、セラミック、ステンレスなど、さまざまなものがあるので、いろいろ試すのも良いでしょう。

置き場所は、基本的にはごはんの器と並べて食事ついでに水を飲めるようにし、トイレとは離しましょう。嗅覚が優れている猫は、トイレの側だと匂いが気になり、食事も水も口にしなくなります。また、猫のお気に入りの場所など、よく行き来するポイントに何箇所か置いておくのもひとつの方法です。

 

水分をフードでも調整

市販のウェットフードは75〜80%が水分ですので、食事と水分が一緒に摂取できます。食事をドライフードからウェットフードにすることで、水をあまり飲まない猫の水分を補えます。「ウェットフード+水」のほうが、「ドライフード+水」よりも水分摂取量が多いという報告もあります。水を少しでも多く飲ませたいなら、ウェットタイプに食事を変更することから始めましょう。

 

飲んではダメな水

次のような水は猫が飲むと危険な場合があるので、注意してください。

硬水

ミネラルウォーター好きな猫もいますが、与える際は軟水にしてください。硬水に含まれるミネラルが、過剰に摂取すると尿路結石症の原因になるので、避けた方が良いでしょう。

塩分を含むゆで汁

ゆで汁をあげるときは、塩分など調味料が入っているものはやめましょう。甲状腺機能亢進症などの食事療法を厳密にしている場合は、塩分が含まれなくても、ゆで汁を与えないようにしてください。

花瓶の水

花瓶の水に、植物安定剤や肥料などを入れている場合はもちろん、ユリの花が生けてあるものは注意が必要です。猫にとってユリ科の植物は、花や葉はもちろん、花粉だけでも少し口にすると急性腎不全で死に至る危険性が高い恐い植物です。花瓶の水を飲んだだけでも「百合中毒」を起こす恐れがあります。部屋に置くのをやめましょう。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。