犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

愛猫に耳掃除は必要?耳ダニや外耳炎には要注意!

「聴覚」は猫の五感で一番発達しているとされ、それをつかさどるのが猫の耳。グルーミングを欠かさない猫ですが、耳は自分ではお手入れできません。代わってチェックとケアしてあげましょう。

 

まずは耳の健康チェック!

猫の耳の内部はL字型で、耳の穴は耳道と呼ばれ、トンネル状の耳道の奥に、鼓膜があります。耳道にある耳垢線と皮脂腺から出る分泌物が、細菌やほこりなどを耳の奥に入る前にキャッチします。この分泌物が固まると耳垢になり、分泌物が多いと耳垢も多く、多すぎると耳道をつまらせる要因となります。

いわゆる猫耳形の外側部分は耳介といいます。肉眼で外からチェックできる耳介をチェックし、必要ならばケアしましょう。猫にもよりますが、基本的には健康な猫の耳はあまり汚れません。耳垢がうすくあるくらいは正常です。定期的なチェックを心がければ、耳掃除は無理にしなくて大丈夫。逆に耳を傷つける恐れもあります。

「耳が匂う」「耳垢が多い」などの場合は外耳炎の可能性が。また、コーヒーカスに似た黒く乾いた粒が出たら、耳ダニの恐れがあります。かゆくて耳周りを傷つけてしまうこともあります。一方、耳垢はないのに耳をしきりに気にするなら、内耳や中耳に問題がある場合が。アレルギー性皮膚炎でかゆい場合もあります。いずれも早めに受診しましょう。

 

ケアの目安は?

耳の状態はその猫によって違うので、ケアの必要性や頻度はそれぞれです。ブラッシングなどのついでに耳をチェックするクセをつけましょう。耳の穴の入口付近に耳垢が溜まったら、お手入れしてください。

耳の脂分が多い猫は、分泌物も耳垢も多く溜まりやすい体質です。また、垂れている耳は通気性が悪く、耳垢が溜まりやすいとされます。こまめにチェックしましょう。

 

耳のケア方法

まず、清潔なコットンを耳用クリーナーや水で濡らし、指に巻きつけます。中が見えるように耳を軽く引っぱり広げます。見えている汚れを、擦らずそっと拭きとります。目に見える範囲だけきれいにすればOKです。

これで、大半の汚れはきれいにできます。耳を傷つけないよう、擦らずに優しく行いましょう。猫が動いて耳に刺さる恐れがあるので、綿棒は使いません。耳にクリーナーを流し入れ、耳を揉んでから拭くという方法も目にしますが、おすすめできません。猫の耳に液体が溜まると、中耳に影響し「斜頸」という症状が起きることがあります。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。