犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

猫はお留守番上手?出かける前のチェックリスト

猫って留守番が得意な動物だって知っていましたか?しっかり事前に準備しておけば、1泊2日の留守番は問題ないのです。猫が留守番をする際のポイントや、2泊以上の場合の対策をご紹介します。

 

猫はお留守番上手?

もともと猫は、群れや仲間で行動しない動物です。そのため、1匹でも寂しい気持ちにならないとされます。また、縄張りを作って暮らすため、知らない場所へ行くことを好みません。外に出るより、慣れた家でのんびりしたい猫は多いのです。また、猫は連続で8時間以上眠ることもあり、1日の平均睡眠時間は約18時間にもおよびます。それゆえ、猫を置いて昼間に出かけても問題ないですが、帰ったら猫とたくさん遊び、留守番のストレスを解消させてあげましょう。

 

1泊2日までは留守番できます

家を外泊で空けるとき、短期間ならば動物病院やペットホテルなどに預ける必要はありません。猫は環境の変化に敏感なため、住み慣れた家の方が安心し、猫だけでも1泊までなら留守番できます。ただ、2泊以上になると準備しておいた水やフードが傷んだり、万が一、おしっこが出ない尿道閉塞などの病気と重なった場合、留守中に命を落としてしまう可能性もあります。

 

留守番中の食事とトイレ

衛生の面から食事はドライフードをお勧めします。直射日光を避け涼しい場所に多めに用意します。1日量を普段から把握しておき、留守の日数ともう1食分ほどあると安心です。留守がちな人にはタイマー付きの自動給餌機が便利です。

猫がひっくり返さないよう、水はしっかりとした台座の大きめの器に入れ、蒸発しないよう直射日光が当たらない場所に準備しましょう。必ず何箇所かに分けて置いておきましょう。

留守中はトイレ掃除ができないので、出る前にきれいにし、トイレの砂をたっぷり準備しておきます。砂を全取り替えする場合は、以前使っていたものを少し混ぜると匂いがつき、猫がストレスなくトイレを使えます。排泄物が溜まったトイレを嫌う猫も多いので、猫の数より1個多くトイレを準備すると良いでしょう。

 

夏場の留守番はここに注意!

夏の閉め切った室温は50度近くになることもあります。換気扇を回す、通気口を開けるなど、風ができるだけ多く通るようにしましょう。猫が涼しい場所を探せるよう、部屋のドアは空けておき、自由に家の中を歩き回れるようにしておくことも大切です。市販の冷却マットを寝床に置いても良いでしょう。猫が快適な室温は28度とされています。人が涼しく感じるより少し高くても猫は平気ですが、湿度もあって夏場は屋内でも熱中症の恐れがあるため、充分気をつけましょう。エアコンをつけて出かける際は、室温が28度以下になるよう設定し、リモコンは猫が触れない場所へしまって誤操作を防止しましょう。猫種、年齢、毛の長さ、体型、顔の形や部屋の方角、間取りによっても異なるので、愛猫の様子を観察して猫が過ごしやすい環境を作りましょう。(誤って『暖房』に設定しないよう気をつけて!)

また、飲み水は、夏場は蒸発しやすいため、家の数か所に分けてたっぷりと用意しましょう。フードは、衛生面からドライフードにします。

 

冬場の留守番はここに注意!

大体の猫種は被毛で全身が覆われ、寒さに強いとされるため、家を空ける際の暖房器具は必要ありません。暖房機器やホットカーペットなどはコンセントが外れてショートし、火災の原因や、コードにじゃれつき感電する危険もあります。ハロゲンヒーターに接触して火傷したケースも多いです。猫用ベッドや段ボールなどにタオルや毛布を敷き、暖かい場所を作っておきます。ただ、被毛がほぼ無い無毛種のスフィンクスは、寒い場所が苦手なため、冬の留守番には十分に注意しましょう。

 

出かける前のチェックリスト

留守中の事故防止と、ストレスなく猫が過ごせるよう、チェックは念入りに。

・水とフードは、猫の数+1個以上用意

・トイレはきれいにし、猫の数+1個用意

・ごみ箱は、蓋をして開けられないようにする

・包丁などの刃物はしまう

・食事の残り、生ゴミは始末

・高いところにはものを置かない

・壊されたくないもの、余計なものは片付ける

・ソファやタンスなどの間に隙間を作らない

・お風呂の水は抜く

・洗濯機のフタを閉める

・火事の危険がある暖房器具はコンセントを抜く

・猫が行き来できるよう、部屋のドアを空けておく

・夏場の室温は28℃くらい

・窓や玄関戸締り

 

2泊以上の留守番

留守番上手な猫ですが、長期間猫だけにするのは考えものです。2泊以上の留守には対策が必要です。

知り合いやペットシッターを自宅へ呼ぶ

猫は、なわばりとする家から出ることを嫌うため、トイレや食事の世話をする人が来てくれると、猫には最善です。知人にお願いする場合は前もって猫と顔合わせをして、トイレ掃除の方法や食事のあげ方など細かく伝えます。動物病院の情報も伝えておきましょう。また、ワクチン接種済みであればペットシッターに依頼もできます。インターネットで申し込める猫専用のペットシッター業者も増えています。留守中に自宅の鍵を預けるので、信頼できる人か慎重に選びましょう。業者選びは「動物取扱業」の登録申請をしているかも調べ、ペットシッターとの打合わせは綿密に行いましょう。

ペットホテル、動物病院に預ける

猫によっては精神的ストレスが大きい場合があります。施設に下見に行き、預ける環境を前もって調べておきましょう。ペットホテルの場合は、連携している動物病院があるか、事故や病気が起きたときの補償などは、特に確認しておきましょう。動物病院は、万が一の場合にすぐ診てもらえる安心感があります。近頃では個室のホテルも多くなっているので、ケージに抵抗がある場合は問い合わせてみても良いでしょう。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。