犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

犬を動物病院に連れていく頻度や診療費用は?

ワンちゃんとの生活で、切っても切り離せないのが動物病院。
病めるときも、健やかなるときも、信頼できる病院があることで安心して生活できます。

では、ワンちゃんオーナーさんは実際どれくらい動物病院にお世話になっているのか、見ていきましょう。

最近1年間で動物病院に行った回数は?

ペットフード協会による2019年の「全国犬猫飼育実態調査」による、1年間に動物病院に行った回数は以下のとおりです。

 

<0歳の場合>

2~3回 22.4% 平均4.3回
4~6回 28.6%
7~10回 18.4%

<1~6歳の場合>

1回 21.4% 平均3.7回
2~3回 29.4%
4~6回 17.5%

<7歳以上の場合>

1回 18.9% 平均4.36回
2~3回 30.4%
4~6回 19.7%

 

飼い始めの0歳では通院回数が平均で4.3回と、成犬期に比べやや多めでした。子犬の頃は予防接種での通院に加え、新しいお家という慣れない環境で体調を崩す子も多いです。ワンちゃんを飼うのがはじめてという新米オーナーさんであればなおさら、少しの体調変化でも心配になってしまいますよね。子犬のうちから動物病院に慣らすのも大切なので、些細なことでも積極的に相談するのは良いことです。

 

10歳を超えると病院に行く回数は、平均4.5回を上回り、11回以上の割合は12歳で15.5%、13歳以上で14.4%と高くなっています。シニア期になると、毎日お薬が必要になる病気も増えてくるので、保険に入っているとかなり負担が軽減されます。

 

1回あたりの医療費は?

楽天インサイトによる2018年の「ペットに関する調査」によれば、ワンちゃんにかける1回あたりの医療費は、2,500円以上~5,000円未満という方が27.2%と最も多く、0円を除いた平均金額は7,339円でした。

 

ペットには人間のような公的な保険制度がありませんし、動物病院は自由診療なので、かかる病院によっても料金が変わってきます。はじめて動物病院を受診すると、「え、そんなにするの?」と驚く方もいらっしゃいます。

手術ともなれば、飼い主さんの負担はさらに大きくなってしまいます。
当社のランキングを参考に見てみましょう。

 

手術の請求ランキング(参考診療費)

2018年の1年間に、アイペットに保険金請求のあった上位の傷病は、以下のとおりです。

診療例|参考診療費

1位 腫瘍 皮膚腫瘍を手術で取った 90,400円
2位 歯周病 全身麻酔をして歯石除去と抜歯をした 97,300円
3位 骨折 手術で折れた骨をつなげた 308,700円
4位 異物誤飲 全身麻酔をして異物を内視鏡で取り出した 77,760円
5位 膝蓋骨脱臼 ずれた膝蓋骨を手術で戻した 254,000円

1位:腫瘍

皮膚腫瘍を手術で取った

90,400円

2位:歯周病

全身麻酔をして歯石除去と抜歯をした

97,300円

3位:骨折

手術で折れた骨をつなげた

308,700円

4位:異物誤飲

全身麻酔をして異物を内視鏡で取り出した

77,760円

5位:膝蓋骨脱臼

ずれた膝蓋骨を手術で戻した

254,000円

2018年1月~12月のアイペットの保険金請求データを元にしたサンプル調査により算出(サンプル数:37,115件)
上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。

 

もちろん、同じ病気やケガでも状態によって費用は大きく変わってきます。
でも、この参考診療費を見ただけでも、手術にはかなりの金額がかかることが予想できますよね。中でも骨折は1歳未満の若いワンちゃんに一番多く、手術は2回以上必要となることもあります。経過を見るために定期的にレントゲンをとったり、ギブスを巻きなおしたり…ワンちゃんだけではなく、飼い主さんのお財布にとってもかなりの痛手です。

 

ずっと健康で育ってくれるに越したことはないですが、もしものときに、大切な我が子に必要な治療を受けさせてあげられるよう、しっかり準備しておきたいですね。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。