犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

猫が「ふみふみ」する理由は?仕草で読み解く猫の気持ち

猫ちゃんの独特の仕草の中でも、前足を交互に動かす「ふみふみ」は何とも言えない可愛さですよね!
私たちからしたら、ただただ可愛い仕草ですが、猫ちゃんはどんな気持ちでふみふみをしているんでしょうか?

アイペットのペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

どんな仕草?

ふみふみは、クッションやぬいぐるみ、飼い主さんのお腹やお布団を前足で交互に踏む仕草のことです。

すべての猫ちゃんがやるわけではないので、見たことのない方もいるかと思います。

また、子猫の頃はやっていても、成猫になってやらなくなる子もいます。

 

ふみふみをするお相手として好まれるのは、お母さんのお腹を思い出させるような、ちょっと弾力のあるものです。

いつも決まったものでふみふみをする場合はそれを気に入っているはずなので、むやみに取り上げたり捨てたりしないようにしましょう。

猫ちゃんによって好みの感触は異なるので、買い替える場合は同じような素材や柔らかさのものを選んであげると良いですね。

 

 

どういうときにふみふみをするの?

子猫は、母乳を飲むときにお母さんのおっぱいを前足で押すことで、母乳が出やすくなるようにしています。

これが、ふみふみをする本来の目的です。

なので、多くの場合は離乳して成長するにつれてこの仕草はみられなくなり、子猫も母猫から自立していきます。

 

でもおうちで飼われている猫ちゃんは、飼い主さんというお母さんのような存在がずっとそばにいてくれます。

そのため、子猫の気分がいつまでも抜けずに、ふみふみをすることがあると考えられています。

成猫が飼い主さんに対してふみふみをするのは、飼い主さんを信頼して、慕って、甘えている証拠です!

 

また、クッションやぬいぐるみに対してふみふみをするのも、安心しているときやご機嫌なときであると考えられます。

中には眠たくなってうとうとしながらふみふみをして、そのまま寝てしまうという可愛い子もいます。

ふみふみは、究極のリラックスのサインということですね。

 

ふみふみをしなかったり、しすぎても問題ないの?

ふみふみは子猫の頃の名残でやっているだけなので、やらないからといって特に問題はありません。

反対にふみふみをしすぎていると感じる場合は、もしかしたら早い時期に母猫と離されてしまって、子猫の気分がなかなか抜けないのかもしれません。

思う存分甘えさせてあげましょう。

 

また、不安やストレスを感じたときにも、気持ちを落ち着かせようとふみふみをすることがあります。

これまでふみふみをしたことのなかった子が突然始めたら、環境の変化など何か猫ちゃんのストレスになることがないか考えてみましょう。

 

これからは猫ちゃんがどんな気持ちなのかを想像しながら、可愛いふみふみを楽しんでみてください!

アイペットのペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

CATEGORY
記事のカテゴリ一覧

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。