犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

犬がごはんを食べないときの原因と対処法、病気かどうかのチェック方法を紹介

昨日までモリモリごはんを食べていたのに、今日はなんだか食欲がないみたい…。
ワンちゃんが食欲不振になる原因は様々です。
食欲不振の程度や他の症状があるかなどのチェックポイントを踏まえ、原因を探りましょう。

アイペット損保のペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

犬がごはんを食べない理由

ワンちゃんがごはんを食べない理由としては、体調不良だけでなく、ごはんを変えたこと、加齢やストレス、飼い主さまへの甘えやわがままなどが考えられます。

病気でなければおうちで対処できることもありますが、病気の場合は早めに動物病院に行った方が良いケースもあるので、食欲不振を引き起こす原因や症状の特徴を知って、適切に対処できるようにしておきましょう。

 

「内臓系の異常」の場合の特徴と原因、対処法

①特徴

食欲不振と同時に元気がなくなる、嘔吐や下痢といった症状がみられるときには、内臓系の病気や異物誤飲が原因となっている可能性があります。

 

②原因

原因となる病気は、感染症、寄生虫、胃腸炎、膵炎、腎不全、肝不全、腫瘍、子宮蓄膿症などが、考えられます。

また、食べものにより中毒を引き起こす、誤飲した異物が腸などに詰まって閉塞したときにも、食欲が落ちることがあります。

 

③対処法

無理やりごはんを食べさせると症状を悪化させてしまうこともあるので、気になる症状がある場合は、動物病院に相談しましょう。

 

「口腔内の異常」の場合の特徴と原因、対処法

①特徴

食べるスピードが遅くなる、食べにくそうにする、よだれが増える、口の中からの出血がある、口臭がきつくなるなどの症状がみられたら、口腔内の異常があるかもしれません。

 

②原因

口内炎や歯周病、口腔内腫瘍などで、口の中に痛みや違和感がでて食欲不振になってしまいます。

中でも歯周病はワンちゃんにとても多い病気で、重度になると歯が抜けてしまうことや、炎症が広がって頬に穴があいてしまうこともあるので、早めに治療してあげる必要があります。

 

③対処法

お口を触らせてくれる子であれば、予防として定期的に歯磨きをしつつ、歯石や歯茎の状態、口臭、できものがないかなどをチェックしてあげましょう。

 

「ごはんを変えた」場合の特徴と原因、対処法

①特徴

元気があって他に症状がみられず、これまであげていたごはんは食べるという場合は、新しいごはんが気に入らず、警戒心を抱いているのかもしれません。

また、お腹の調子が悪い、皮膚にかゆみが出る場合は、食物アレルギーを起こしている可能性もあります。

 

②原因

ごはんをいきなり新しいものに切り替えてしまうことで、警戒心からごはんを食べなくなる、また、体に合わず食物アレルギーを起こしてしまうことがあります。

 

③対処法

ごはんを変える場合は、今のごはんに少しずつ新しいものを混ぜながら、徐々に切り替えていきましょう。

混ぜる量を1割、2割と増やしていき、2週間くらいかけて全て切り替えるのが理想です。

下痢や嘔吐、アレルギーの症状が出るようであれば、無理に続けず他のごはんを検討してみましょう。

 

「ストレス」の場合の特徴と原因、対処法

①特徴

食欲不振だけはなく、足先など体の一部をずっと舐める、無駄吠えが増える、攻撃的になる、ものを壊すようになる、トイレ以外の場所で粗相をするといった行動は、ストレスのサインである可能性があります。

 

②原因

ワンちゃんが何をストレスに感じるかは、その子次第です。

飼い主さまとのコミュニケーションが不足している、引っ越して環境が変わった、旅行や動物病院など慣れない場所に連れて行った、近くの工事現場から大きな音が聞こえるなど、その子の性格からどんなことがストレスになりそうか考えてみましょう。

 

③対処法

ストレスの原因が明らかであれば、できるだけ取り除いてあげましょう。

難しい場合は、新しい遊びを取り入れる、お散歩の時間を増やしてあげるなど、ワンちゃんの喜ぶことをしてストレスを発散させてあげましょう。

 

「加齢」の場合の特徴と原因、対処法

①特徴

加齢が原因となっている場合、食欲は徐々に落ちていくことが多いです。

体のどこかに痛みがあって食べられなくなっている場合もあるので、痛がる仕草がないか確認してみましょう。

 

②原因

高齢になると代謝が落ちて、必要とするカロリーが自然と減っていきます。

噛む力が弱くなり、嗅覚や味覚、消化吸収能力などが衰えていくのも、食欲不振の一因となります。

関節炎などで痛みが生じている可能性もあります。

 

③対処法

ドライフードはふやかしてやわらかくしてあげましょう。温めて匂いを強くさせると、食べてくれることがあります。

フードをふやかすのは、水分が不足しがちな高齢犬には水分補給にもなるのでおすすめです。

また、1回のごはんの量を減らして回数を増やす、首を下げなくて済むように少し高さのある食器台を使うと、ワンちゃんの負担を減らせるかもしれません。

 

「甘えやわがまま」の場合の特徴と原因、対処法

①特徴

おやつやトッピングだけを食べる、人の食べものを欲しがる場合は、甘えやわがままが原因でごはんを食べないのかもしれません。

 

②原因

ワンちゃんは賢いので、ごはんを我慢したときにもっと美味しいものがもらえると、そのことをちゃんと覚えています。

その経験をくり返すと、「自分のほしい食べものが出てくるまでごはんは食べないぞ」と、なる場合があります。

 

③対処法

一つの方法は、今のごはんを食べさせることです。

食べなくても時間を決めて片付けて、おやつなども一切あげずに、また次のごはんの時間に同じものをあげます。

根比べにはなってしまいますが、お腹が空いたら諦めて食べてくれる子もいます。

 

どうしても食べない場合は、ごはんを何種類か用意し、期間を決めてローテーションしてあげましょう。ドライフードであれば、ふやかして食感を変えてみるなども一案です。

 

病気かどうかを見極めるポイントは?

食欲不振の原因を見極めるには、思い当たる原因があるか、他に症状はあるかといったことがポイントになってきます。

ごはんを一切食べない、水を飲まない、元気がない、嘔吐や下痢をしているなど明らかな症状がある場合は、病気の可能性が高いです。以下のチェックポイントを参考に、考えてみてください。

<チェックポイント>

・食欲が落ちているだけなのか、全く食べないのか
・食べないのはごはんだけか、おやつなども食べないのか
・食欲不振はどれくらい続いているか
・他に普段と様子が違うところはないか
・何か生活に変化はなかったか

 

犬がごはんを食べないときに注意すべきこと

元気があって少し様子をみる場合でも、丸1日~2日何も口にしないときは、注意が必要です。

特に子犬や高齢犬は成犬に比べて脱水を起こしやすいので、お水も飲まない場合は早めに対処してあげましょう。

子犬はごはんを長時間食べないことで低血糖になってしまう危険性もありますし、高齢犬は食べないことを歳のせいにして病気を見落としてしまう可能性もあります。

食欲不振の原因を自分で判断することは難しいと思うので、気になる症状がみられる場合は動物病院に相談するのが安心です。

 

女の子の場合はヒートも考えられる

避妊手術を受けていない女の子であれば、食欲不振の原因としてヒートも考えられます。

ヒートはいわゆる生理のようなもので、発情前期、発情期、発情休止期、無発情期という4つの期間にわけられます。このうち発情前期から発情期にかけては外陰部から発情出血がみられ、2週間ほど続きます。個体差はありますが、ヒートは生後6か月以降にはじまり、年に1~2回くることが多いです。

 

発情出血が始まるとなんとなく元気がなくなり、食欲が落ちることがあります。ヒート中に体調が悪くなってしまう場合は、避妊手術を検討すると良いかもしれません。避妊手術はヒートのストレスを減らすだけではなく、子宮蓄膿症などの病気の予防にもつながります。

 

犬の食欲不振を予防する方法3選

ワンちゃんの食欲不振は完全に予防できるものではありませんが、普段から気をつけておいた方が良いポイントがいくつかあります。

 

①病気の予防

まずは、ワクチン接種による感染症の予防や、フィラリアなどの寄生虫予防をしっかり行うことです。

また、定期的に健康診断を受けることで、病気を早期に発見できる可能性が高まります。

成犬であれば少なくとも1年に1回、高齢犬であれば半年に1回受けておけると良いですね。

 

②適度な運動

食欲が低下しやすい子は、十分に運動をさせてお腹を減らすサポートをしてあげましょう。

遊ぶ際には一人で遊ばせるのではなく、ボールを投げたり、ドッグランに連れて行ったり、ワンちゃんが楽しく運動できるように工夫してあげましょう。

 

③ストレス解消

ストレスをためないことは食欲不振を予防するだけではなく、ワンちゃんが幸せに暮らすためにとても大切です。

おもちゃを新調してあげる、歩いたことのないお散歩コースを開拓してみる、ワンちゃんがくつろげるスペースを新たにつくるなど、ワンちゃんにとって快適に暮らせる環境にしてあげましょう。

 

④フードの工夫

フードそのものを工夫することで、ワンちゃんの食欲を促進できるかもしれません。

ワンちゃんは味覚よりも嗅覚が発達しているので、においの強いものを好む傾向があります。

ドライフードを少しレンジで温めて香りを立たせる、タッパーの中にスモークチーズなどにおいの強いものをドライフードと一緒に入れて一晩寝かせ、においをうつしてからあげるなどもおすすめです。また、ドライフードであればお湯でふやかして食感を変えてみるのも一案です。

 

トッピングをしたりフードを替えることもできますが、ワンちゃんが「食べなければもっと美味しいものが出てくる」と学習してしまうと、トッピングだけ選り好みして食べたり、なかなか同じフードを食べ続けてくれなくなってしまう可能性もあるので、注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

ワンちゃんの食欲不振の原因は、ありすぎて特定するのが難しいかもしれません。

 

普段から食べムラのある子や、高齢になって食欲が落ちている子では、「いつものことだから」と病気を見落としてしまう可能性もあります。

少しの変化でも不調に気付けるように、ワンちゃんの様子をこまめにチェックしてあげてください。

アイペット損保のペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術補償に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペット損保のペット保険

CATEGORY
記事のカテゴリ一覧

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。