犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

犬は桃を食べても大丈夫?与え方と注意点を獣医師が解説!

公開日:2023.04.25 最終更新日:2023.04.27

人間の食べものの中にはワンちゃんに与えてはいけないものもありますが、旬の味覚をワンちゃんと一緒に楽しみたいと思う方もいるのではないでしょうか。
ここでは果物の「桃」について、ワンちゃんに与えるときの注意点などを紹介します。

アイペット損保のペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術費用に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

犬は桃を食べても大丈夫?

犬は桃を食べても大丈夫?

桃にはビタミンやカテキン、食物繊維などが豊富に含まれており、与え方にさえ注意すれば、ワンちゃんの健康に良い効果が期待できます。

ただし、アレルギーや中毒を引き起こす可能性もあるため、注意するべき点をしっかりおさえておく必要があります。

それでは、具体的にどのような効果や注意点があるのか見ていきましょう。

 

犬に桃を与えるメリット

犬に桃を与えるメリット

桃に含まれる主な栄養素は、カテキン、ビタミン、カリウム、食物繊維などです。

 

カテキン、ビタミンC、ビタミンE

活性酸素を取り除く抗酸化作用があり、細胞を酸化から守ることで免疫力の向上や病気の予防につながり、老化を遅らせる効果が期待できます。

 

カリウム

体内にあるミネラルの一種で細胞の浸透圧を調整し、体の中の余分な塩分を排出させる働きがあります。

体外へ排出させることで血圧が下がり、心臓の働きを正常に保つ効果が期待できます。

※腎臓病や心臓病などの疾患があるワンちゃんは、カリウムの過剰な摂取が悪影響となってしまうこともあるので、与える場合は獣医師に相談しましょう。

 

食物繊維

食物繊維は血糖値の急激な上昇を抑え、腸内環境を整えて便秘を解消するといった効果が期待できます。

 

犬に桃を与えるときの注意点

犬に桃を与えるときの注意点

ワンちゃんに桃を与える際には、いくつかの注意点があります。

 

桃の缶詰・ゼリーなどの加工品

ワンちゃんにとっては過剰な糖分が含まれているので、与えないようにしましょう。

 

桃の種と皮

種の中に含まれる「アミグダリン」という成分によって、中毒を起こしてしまうこともあるため、種を取り除くようにしましょう。

また、種が喉や腸に詰まってしまうと腸閉塞を引き起こし、命に関わることもあります。

特に小型犬の腸はとても細く、人間の小指ほどの太さのため注意が必要です。

皮はワンちゃんの体の中で消化されにくいため、皮を剥いてから与えましょう。

 

与える量

ワンちゃんが飲み込みやすい一口サイズのものを数切れ程度、おやつ感覚で与えるようにしましょう。

与え過ぎるとカロリーオーバーになり、肥満の原因にもつながります。

桃は水分や食物繊維が豊富なため、軟便や下痢を引き起こしてしまうこともあります。

治療中の病気があるワンちゃんの場合は、桃を与えても問題がないか事前に獣医師へ確認しておくと安心です。

 

アレルギー反応

桃はりんごやいちご、さくらんぼ、梨などと同じバラ科の果物です。

これらの果物に対してアレルギー反応が出たことがある場合は、桃を与えないようにしましょう。

食物アレルギーの症状としては、皮膚の赤みや痒み、軟便や下痢などがあらわれます。

体調に変化がある場合は獣医師に相談しましょう。

また、これまで桃を一度も与えたことがない場合や、他の食べものに対してアレルギーを持っている場合は、少量ずつ与えるようにしましょう。

 

まとめ

桃はワンちゃんに与えても問題ありませんが、どんなに安全な食べものであっても、与え過ぎは禁物です。

人から食べものをもらう習慣がついてしまうと、異物誤飲のリスクも高まります。

ワンちゃんにはまず総合栄養食をしっかり食べてもらって、人の食べものは時々おすそ分けをする程度にしておきましょう。

また、おすそ分けをする際には「本当にワンちゃんに与えても安全か」を確認し、注意点を守って一緒に楽しむようにしてください。

アイペット損保のペット保険は
12歳11か月まで新規加入OK!
ニーズに合わせて選べる2つの商品

幅広い補償で
いつでも安心

[ペット医療費用保険]

通院+入院+手術

70%50%
選べる補償プラン

お見積りはこちら

高額になりがちな
手術費用に

[ペット手術費用保険]

通院+入院+手術

手術費用を
最大90%補償

お見積りはこちら

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペット損保のペット保険

CATEGORY
記事のカテゴリ一覧

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さまなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。