スノーシュー

スノーシュー

シャム(サイアミーズ)やアメリカン・ショートヘアが交配されたアメリカ原産の猫で、その名の通り、足先に白い靴を履いているような特徴的な模様が出ることがあります。澄んだブルーの目をしており見た目も美しいですが、シャムから受け継いだ知的な性格も人気の秘訣です。また、アメリカン・ショートヘアが交配されたことで体が柔らかいフォルムになり、さらに優しい容姿になりました。甘えたがりで人によくなつく子が多いです。シャム同様、特に中齢以降では歯の状態や腎臓病に注意が必要です。

スノーシューのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成猫

  • 猫カゼ
    主にヘルペスやカリシといったウイルスが感染することで、くしゃみ、咳、鼻水、発熱などのカゼ症状がでます。また、目ヤニがみられることも多いです。特に免疫力の低い子猫や高齢の猫では重症化することもあります。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。

成猫~

  • 皮膚腫瘍
    皮膚にできる腫瘍には、良性のものから悪性のものまで様々あります。品種によってできやすい腫瘍もありますが、基本的にはどんな犬猫でも注意するべき病気です。
  • 歯周病
    歯垢に含まれる歯周病菌が、歯と歯肉の間に入って炎症を起こします。歯垢は放っておくとザラザラした歯石になり、さらに歯垢が付きやすくなってしまいます。進行すると歯が抜けたり皮膚に穴が開いたり、菌が血液にのって心臓や腎臓に運ばれて炎症を起こすことがあります。
  • 慢性腎臓病
    腎臓の働きが悪くなり、体内の毒素を尿として排出できなくなってしまう病気です。高齢の猫に非常に多く、徐々に進行していきます。水をたくさん飲む、おしっこが薄くなり量が増える、食欲不振、嘔吐などの症状がみられます。
  • 猫種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

スノーシューの保険金請求事例

猫カゼの場合

くしゃみが出るため、病院に連れて行きました。「猫カゼ」と診断され、お薬で経過を見ることになりました。

年齢 0歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 2,500
お薬 5,100
合計 9,100
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
6,370円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
2,730円
お客さま負担額
9,100円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

歯周病の場合

口が臭く、病院で「歯周病」と診断されました。全身麻酔をかけて、歯石の除去とぐらついた歯を抜く手術を行いました。

年齢 9歳 内容 手術1回、入院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
半日入院 1,500
検査 16,000
全身麻酔 15,000
歯科処置 35,000
抜歯 24,000
点滴 3,000
お薬 2,000
合計 97,300
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
68,110円
「うちの子ライト」補償額
87,570円
お客さま負担額
29,190円
お客さま負担額
9,730円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

スノーシューの特徴

歴史

スノーシューの起源は、1960年代初頭のアメリカに遡ります。当時ペンシルバニア州フィラデルフィアに住んでいたドロシーは、シャムが産んだ子猫の中に足先の白い猫が3匹いるのを発見しました。この特徴をとても気に入った彼女は、この猫を品種として確立させようと、アメリカン・ショートヘアと交配させて繁殖を始めました。その結果、顔にV字型の模様の入った、2種の猫の性格を受け継いだ猫が生み出されました。しかし、最大の特徴である白い足先を持った猫は遺伝的に安定して生み出すことが難しく、なかなか品種としては認められませんでした。その後のブリーディングの過程は記録が少なく不明確なままですが、現在ではスノーシューを品種として認めている団体もあります。

容姿

体格は中型、筋肉質で丈夫な体つきをしており、とても機敏に動きます。耳は三角形で、目は美しい青色から薄い青灰色まで様々です。毛は短いシングルコートで、滑らかな感触です。生まれた時の毛色は真っ白ですが、成長するにつれて尾や足、頭、耳の色が濃くなっていきます。最も一般的な毛色はシール・ポイントとブルー・ポイントで、その他にチョコレートやライラックなどがあります。足先の白い部分は発現しないこともありますし、色によってはコントラストがはっきりしないこともあります。

スノーシューの飼育のポイント

スノーシューは見た目も性格も実に様々です。恥ずかしがりやだったり、わがままだったり、心配性だったり・・・でも基本的には、好奇心旺盛で遊ぶのが大好きな、一緒にいて飽きない性格をしています。アクティブなので、キャットタワーなどを用意して安全に遊べるようにしてあげましょう。十分にスキンシップの時間をとって、ストレスをためないようにすることも大切です。シャムの血が入っているのでよく鳴きますが、優しく綺麗な声なのであまり気にならないでしょう。短毛なので、毛のお手入れもそこまで大変ではありません。また、小さい頃から歯磨きなどお口のケアに慣れさせておくことで、歯周病のリスクに備えることができます。お口を触らせてくれる猫は少ないですが、できる方はチャレンジしてみましょう。

猫種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)