トンキニーズ

トンキニーズ

シャム(サイアミーズ)とバーミーズをかけ合せた、きらめく水色の瞳にミンクのような毛を持つ美しい猫です。飼い主さんの愛情を独占したがる人懐っこい性格で、膝の上で丸くなって日向ぼっこをするのが何よりの幸せ、というタイプです。知的でユーモラスな一面もあるので、一緒に暮らしていて飽きない品種です。毛が短くてお手入れに手がかからないのも飼いやすい要因の1つですが、多くの猫同様、中齢以降では泌尿器系の病気や腎臓病のリスクが高まるので、注意が必要です。

トンキニーズのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成猫

  • 異物誤飲
    食べてはいけないものを飲み込んでしまうことです。異物には、中毒を起こす食べものや、胃や腸に刺さったり詰まったりしてしまうものが含まれます。嘔吐や下痢などの消化器症状がみられたり、命の危険に繋がることもあります。
  • 猫カゼ
    主にヘルペスやカリシといったウイルスが感染することで、くしゃみ、咳、鼻水、発熱などのカゼ症状がでます。また、目ヤニがみられることも多いです。特に免疫力の低い子猫や高齢の猫では重症化することもあります。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。

成猫~

  • 糖尿病
    血糖値を下げるホルモンであるインスリンの作用が低下し、体が糖を利用できなくなる病気です。原因は遺伝や感染など様々で、肥満や加齢も発症のきっかけになるとされます。水をたくさん飲む、食欲はあるのに体重が減るなどの症状がみられます。
  • 慢性腎臓病
    腎臓の働きが悪くなり、体内の毒素を尿として排出できなくなってしまう病気です。高齢の猫に非常に多く、徐々に進行していきます。水をたくさん飲む、おしっこが薄くなり量が増える、食欲不振、嘔吐などの症状がみられます。
  • 猫種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

トンキニーズの保険金請求事例

糖尿病の場合

最近水を飲む量が増え、病院で検査したところ「糖尿病」と診断されました。インスリン治療をするため、入院することになりました。

年齢 9歳 内容 入院3日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(2泊3日) 6,000
検査 12,000
点滴 5,000
注射 6,300
お薬 5,000
合計 35,100
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
24,570円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
10,530円
お客さま負担額
35,100円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

尿石症の場合

血尿が出たため、気になって病院に連れて行きました。検査の結果、膀胱に結石が見つかり、お腹を切って結石を取り出す手術を行いました。

年齢 4歳 内容 手術1回、入院3日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(2泊3日) 9,000
検査 25,000
全身麻酔 17,500
手術 45,000
結石分析 4,500
点滴 12,600
処置 6,000
注射 5,400
お薬 2,000
合計 127,800
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
89,460円
「うちの子ライト」補償額
115,020円
お客さま負担額
38,340円
お客さま負担額
12,780円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

トンキニーズの特徴

歴史

トンキニーズはサイアミーズ(シャム)とバーミーズを交配して生まれた品種です。1930年、ビルマ(現在のミャンマー)からアメリカに、1匹のクルミ色の子猫が輸入されました。この子猫がシャムとかけ合わされ、その子猫がさらに母猫と交配されて生まれた子猫が、トンキニーズの起源となりました。残念ながら当初は、トンキニーズは品種として確立するには至りませんでした。しかしその後、バーミーズとシャムの特徴をあわせ持った猫を生み出したいと考えたブリーダーの手により、かつてのトンキニーズを再現するような繁殖が始められました。こうして黄褐色の毛と水色の目を持つ、現在のトンキニーズが確立されていきました。

容姿

筋肉質で中型のがっしりした体格です。個体によって全く異なる毛色と模様を持ち、シャムのようにポインテッド(顔・耳・尾・足先だけに色が出る)のコントラストが強くなったり、バーミーズのように単色に近い色になったりします。毛は短くシルキーで、ミンクのコートを着ているようです。トンキニーズの魅力である澄んだ水色の目も、個体によってシャムのサファイアブルーとバーミーズの黄金色のどちらかに寄った色をしています。

トンキニーズの飼育のポイント

とても人懐っこい性格で、肩や膝の上に乗ってきたり、飼い主さんのやることをじっと観察してきたりします。好奇心旺盛で人と遊ぶことが大好きなので、犬のように投げたおもちゃを持ってきたり、かくれんぼをすることもあります。ただし、遊び好きが高じていたずらにつながってしまうこともあるので、コンロや水まわりなどで事故が起きないよう注意しましょう。他のペットやはじめて会う人にも、フレンドリーに接してくれる子が多いです。シャムほどではありませんがかまってほしい時はよく鳴き、飼い主さんにアピールしてきます。一緒に過ごす時間をしっかり取って、寂しさからストレスを感じないように気を付けてあげましょう。毛は短いのでお手入れは簡単ですが、週に数回はブラシでほつれた毛を取り除いてあげましょう。

猫種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)