バーミーズ

バーミーズ

バーミーズには様々な毛色がありますが、最も一般的なのは、深い金色の目にダークブラウンの被毛です。

とても人懐こい性格で、特に家族には無条件の愛情を示してくれます。小さな子供や他のペットに対しても我慢強く接することができるので、どんな家庭でも飼いやすい猫種と言えます。

その分寂しがり屋でもあるので、一人でのお留守番が長くなるお家では、ストレスから体調を崩してしまうことがあるかもしれません。また、遺伝的には目の病気に注意が必要です。

バーミーズのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成猫

  • 異物誤飲
    食べてはいけないものを飲み込んでしまうことです。異物には、中毒を起こす食べものや、胃や腸に刺さったり詰まったりしてしまうものが含まれます。嘔吐や下痢などの消化器症状がみられたり、命の危険に繋がることもあります。
  • チェリー・アイ
    通常は目の中にしまわれている第三眼瞼(瞬膜)という部分が、常に出てしまっている状態です。第三眼瞼を固定している線維が、遺伝的に欠損していたり、外傷によって損傷することで起こります。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。

成猫~

  • 緑内障
    目の中に入っている水が増えすぎて、眼球内の圧力が高くなってしまった状態です。主に遺伝や目の中の腫瘍、炎症などによって起こります。痛みにより瞬きや涙が増えたり、進行すると目が大きくなって牛のように突出したり、失明してしまうこともあります。
  • 糖尿病
    血糖値を下げるホルモンであるインスリンの作用が低下し、体が糖を利用できなくなる病気です。原因は遺伝や感染など様々で、肥満や加齢も発症のきっかけになるとされます。水をたくさん飲む、食欲はあるのに体重が減るなどの症状がみられます。
  • 猫種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

バーミーズの保険金請求事例

糖尿病の場合

最近水を飲む量が増え、病院で検査したところ「糖尿病」と診断されました。インスリン治療をするため、入院することになりました。

年齢 9歳 内容 入院3日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(2泊3日) 6,000
検査 12,000
点滴 5,000
注射 6,300
お薬 5,000
合計 35,100
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
24,570円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
10,530円
お客さま負担額
35,100円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

異物誤飲の場合

リボンを飲み込んでしまったようだったので、病院に連れて行きました。検査の結果、腸の中にリボンが見つかり、お腹を切って摘出手術を行いました。

年齢 0歳 内容 手術1回、入院6日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
入院(5泊6日) 27,000
検査 10,000
全身麻酔 15,000
手術 130,000
点滴 20,000
処置 10,000
注射 6,000
お薬 1,300
合計 220,800
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
154,560円
「うちの子ライト」補償額
198,720円
お客さま負担額
66,240円
お客さま負担額
22,080円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

バーミーズの特徴

歴史

バーミーズの祖先となった猫は、1930年にビルマ(ミャンマー)からアメリカに持ち込まれました。
その猫の名はウォンマウといい、小さいながらに骨格のしっかりした、シャムをコンパクトにしたような体型でした。毛はクルミ色で、体の先端には濃い茶色のポイントが入っていました。ウォンマウはシャムなどと交配され、バーミーズの基礎となる子猫が誕生しました。
ほとんどのブリーダーは、当時最もスタンダードな毛色であったセーブルブラウンだけを繁殖していましたが、1955年にはイギリスでブルーのバーミーズが誕生し、その後も様々な毛色が広まっていきました。

容姿

中型のコンパクトなサイズの猫ですが、筋肉質で逞しく、見た目よりもかなり体重があります。
頭は丸く、金色の大きな目があどけない表情をつくりだしています。毛は短いシングルコートで、シルクのように滑らかです。
子猫のうちは、手足など体の先端の毛色が濃いですが、成長するにつれて体全体の色が深くなり、その差は目立たなくなっていきます。
色は単色から三毛まで様々で、セーブルブラウン、ブルー、グレー、ライラック、チョコレートなどがあります。

バーミーズの飼育のポイント

バーミーズはとっても甘えん坊で、人と一緒にいるのが大好きです。
犬のような性格で、膝の上に乗ったり、部屋から部屋へと付いて回ったり、ベッドで一緒に寝たりします。遊ぶことも大好きで、子猫のうちは元気いっぱいにお家の中を走り回り、大人になっても遊びたがる傾向があります。おもちゃを用意し、たくさん一緒に遊んであげましょう。
その社交的な性格ゆえに、一人で長い時間お留守番をするのは寂しくてストレスになってしまうこともあるので、コミュニケーションの時間を大切にしてください。
自慢の美しい毛並みを保つためにも、ブラッシングをしながらなでてあげると、お手入れをしながらスキンシップが取れるのでおすすめです。

猫種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)