マンクス

マンクス

一番の特徴はしっぽがないことですが、ボーリングの玉のように真ん丸なフォルムもマンクス独特のものです。

ただし、短い切り株のようなしっぽや、普通の長いしっぽを持って生まれる子もいます。後ろ足の方が前足よりも長く、ウサギのようにぴょんぴょん跳ねるような歩き方をすることから、「バニーキャット」というあだ名がついています。

性格はとても愛情深く活発です。遺伝的には皮膚や泌尿器の病気に注意が必要なので、普段からよく様子を観察するようにしましょう。

マンクスのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成猫

  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。
  • 異物誤飲
    食べてはいけないものを飲み込んでしまうことです。異物には、中毒を起こす食べものや、胃や腸に刺さったり詰まったりしてしまうものが含まれます。嘔吐や下痢などの消化器症状がみられたり、命の危険に繋がることもあります。

成猫~

  • 慢性腎臓病
    腎臓の働きが悪くなり、体内の毒素を尿として排出できなくなってしまう病気です。高齢の猫に非常に多く、徐々に進行していきます。水をたくさん飲む、おしっこが薄くなり量が増える、食欲不振、嘔吐などの症状がみられます。
  • 肥満
    適正体重は品種や年齢によってそれぞれですが、上から見てややくびれがあり、脇腹を触って肋骨の感触が分かるのが理想の体型です。肥満は万病の元なので、適度な運動と食事管理が必要です。
  • 猫種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

マンクスの保険金請求事例

皮膚炎の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 2歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 2,500
合計 7,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
4,900円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
2,100円
お客さま負担額
7,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

尿石症の場合

血尿が出たため、気になって病院に連れて行きました。検査の結果、膀胱に結石が見つかり、お腹を切って結石を取り出す手術を行いました。

年齢 4歳 内容 手術1回、入院3日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(2泊3日) 9,000
検査 25,000
全身麻酔 17,500
手術 45,000
結石分析 4,500
点滴 12,600
処置 6,000
注射 5,400
お薬 2,000
合計 127,800
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
89,460円
「うちの子ライト」補償額
115,020円
お客さま負担額
38,340円
お客さま負担額
12,780円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

マンクスの特徴

歴史

マンクスの起源はアイルランド近海のマン島にあると考えられています。マン島に生活していた猫に突然変異が起こり、しっぽのない猫が産まれるようになりました。
孤立した小さな島であったことから、島の猫たちの間で交配が続き、しっぽのない猫が主流になっていったようです。マンクスのしっぽには、「ノアの箱舟で扉を閉める際に挟んで切ってしまった」などのユーモラスな言い伝えが残っています。
マンクスは島で害獣を狩るワーキングキャットとして生活し、逞しい体と活動性を身につけていきました。
また、キムリックという名で知られるマンクスの長毛種は、バイキングが支配していた時代に船に乗って入ってきた長毛の猫が、マン島にいた猫と交配して出現したとされています。

容姿

体長は短く中型で、後ろ足が長く臀部が肩よりも高い位置にあります。体全体だけでなく、頭・目・顎などそれぞれのパーツも丸みを帯びており、しっぽは全くないものから普通の長さのものまで様々です。
被毛は短いダブルコートで、オーバーコートはかたくて光沢があります。マンクスの長毛種はキムリックとして知られ、特に臀部と首周りにはふわふわの飾り毛があります。

マンクスの飼育のポイント

後ろ足が長くて逞しいので、ジャンプや走ることがとても得意です。 加えて頭も良く遊びが大好きなため、気になるものがあると高い所まで探索に行ったり、部屋のドアノブを自分の手で開ける器用な子もいるようです。
その賢さには関心してしまいますが、脱走や事故につながることもあるので注意しましょう。
家族に対しては忠誠心があり、飼い主さんとは強い絆で結ばれていたい!というタイプなので、あまり一人でいる時間が長くならないようにしてあげましょう。
基本的には穏やかで落ち着いた性格ですが、かつては狩りをしていたことから、ある程度の運動量が必要です。
運動不足は肥満にもストレスにもつながるので、ハンターの欲求を満たしてあげられるような、動きのある遊びを取り入れてあげると良いですね。
また、しっぽがない子でも神経は通っているので、しっぽの部分をいたずらに触らないようにしましょう。

猫種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)