アメリカン・ボブテイル

アメリカン・ボブテイル

アメリカン・ボブテイルの一番の特徴は、普通の猫に比べて短いしっぽです。長さや形には個性があり、同じしっぽは二つとありません。

体は筋肉が発達しており、アスリートのように力強く優雅です。その野生的な見た目とは裏腹に、イエネコらしい愛らしさと頭の良さを兼ね備えています。

基本的には家族と一緒に過ごしたり遊んだりする時間が大好きなので、あまりお留守番の時間は長くない方が良いですね。

比較的丈夫な猫種ですが、多くの猫同様、特に高齢期には腎臓や泌尿器の病気に注意が必要です。

アメリカン・ボブテイルのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成猫

  • 猫カゼ
    主にヘルペスやカリシといったウイルスが感染することで、くしゃみ、咳、鼻水、発熱などのカゼ症状がでます。また、目ヤニがみられることも多いです。特に免疫力の低い子猫や高齢の猫では重症化することもあります。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。
  • 異物誤飲
    食べてはいけないものを飲み込んでしまうことです。異物には、中毒を起こす食べものや、胃や腸に刺さったり詰まったりしてしまうものが含まれます。嘔吐や下痢などの消化器症状がみられたり、命の危険に繋がることもあります。

成猫~

  • 慢性腎臓病
    腎臓の働きが悪くなり、体内の毒素を尿として排出できなくなってしまう病気です。高齢の猫に非常に多く、徐々に進行していきます。水をたくさん飲む、おしっこが薄くなり量が増える、食欲不振、嘔吐などの症状がみられます。
  • 甲状腺機能亢進症
    甲状腺が腫れて大きくなり、チロキシン(サイロキシン)というホルモンが過剰に分泌されることで起こります。チロキシンは代謝を上げる働きがあるので、食欲は増しているのに体重が減ったり、攻撃的になったりします。高齢の猫に多く、元気や食欲はあるので発見が遅れることがあります。
  • 猫種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

アメリカン・ボブテイルの保険金請求事例

慢性腎臓病の場合

毛並みが悪くなり、病院に連れて行くと、「慢性腎臓病」と診断されました。現在、点滴治療のため週に1回通院し、血液検査も定期的に行っています。

年齢 8歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
検査 4,500
点滴 2,000
お薬 4,700
合計 12,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
8,400円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
3,600円
お客さま負担額
12,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

尿石症の場合

血尿が出たため、気になって病院に連れて行きました。検査の結果、膀胱に結石が見つかり、お腹を切って結石を取り出す手術を行いました。

年齢 4歳 内容 手術1回、入院3日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(2泊3日) 9,000
検査 25,000
全身麻酔 17,500
手術 45,000
結石分析 4,500
点滴 12,600
処置 6,000
注射 5,400
お薬 2,000
合計 127,800
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術費用に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
89,460円
「うちの子ライト」補償額
115,020円
お客さま負担額
38,340円
お客さま負担額
12,780円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払いさせていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

アメリカン・ボブテイルの特徴

歴史

アメリカン・ボブテイルの起源となったのは、ヨディという名の子猫でした。
アリゾナのインディアン特別保留地に生まれたヨディは、普通の猫とは違う、短いしっぽを持っていました。
そして、この地に休暇で訪れていた夫婦に拾われ、元々夫婦の家で暮らしていた雌猫との間に子猫が生まれました。
子猫たちは、ヨディの短いしっぽを受け継いでいました。
珍しい子猫は夫婦の友人たちの目を引き、新しい猫種としての可能性を見出されるようになりました。
このしっぽの短い猫とロングヘアのカラーポイントの猫をかけ合わせたのが、アメリカン・ボブテイルの育種の始まりとされています。

容姿

中型~大型の筋肉質な体つきで、一番の特徴である短いしっぽは、形や長さが個々によって違います。
頭はくさび型で、用心深いハンターのような目つきです。被毛にはショートとミディアムロングの2種類があり、ブラック、ブラウン、ブルー、フォーン、レッド、クリームなどあらゆる色と模様が存在します。
体が完全に成長しきるまでには、およそ3年かかると言われています。

アメリカン・ボブテイルの飼育のポイント

アメリカン・ボブテイルは、温和で頭の良い猫種です。どんな人とも結びつきを大事にし、おどけた仕草で楽しませてくれたり、落ち込んだ時には優しく慰めてくれたりします。
頭が良く訓練しやすいので、中には犬のように投げたおもちゃを取って来る遊びを覚える子もいるようです。
その反面、猫らしい狩りの本能もしっかり持ち合わせており、お家の中で飛んでいる虫やおもちゃを獲物に見立てて捕まえるという、活動的な一面もあります。
一人の時間が長くなりすぎたり、運動不足からストレスにならないよう、一緒に過ごす時間や十分な生活スペースを確保してあげましょう。
被毛はダブルコートで、特に換毛期には抜け毛が増えるので、定期的にブラッシングをして取り除きましょう。

猫種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)