秋田犬

秋田犬

忠犬ハチ公のモデルである秋田は大変忠実で従順です。利口で穏やかな反面、飼い主さん以外には大変警戒心が強いのが特徴です。また、日本犬の中でも大型で頑丈な体型は、日本一美しい体型とも言われています。もともと狩猟犬であるため、運動量が必要ですが、トレーニングをきちんとしないと肥満や他の人を攻撃してしまうなどの事故を起こす可能性もありますので注意しましょう。フワフワのダブルコートの毛は、本当に魅力的ですが、きちんとブラッシングをして皮膚炎などのトラブルを防ぎましょう。

秋田犬のかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • 膝蓋骨脱臼(パテラ)
    大腿骨の溝にはまっている膝蓋骨という膝の骨が、内側や外側に外れてしまった状態です。特に小型犬では、生まれつき溝が浅かったり、膝蓋骨を支える靭帯の力が弱くて発生することが多いです。膝を曲げ伸ばしする時に痛みが出て、歩きづらくなることもあります。
  • 緑内障
    目の中に入っている水が増えすぎて、眼球内の圧力が高くなってしまった状態です。主に遺伝や目の中の腫瘍、炎症などによって起こります。痛みにより瞬きや涙が増えたり、進行すると目が大きくなって牛のように突出したり、失明してしまうこともあります。
  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。

成犬~

  • 白内障
    ものを見る時に焦点を合わせる役割をしている水晶体が白く濁って、視力が落ちてしまう病気です。加齢に伴って起こることが多いですが、遺伝や他の病気が原因で、若い子に起こる場合もあります。目が白く見えたり、ものにぶつかるようになるなどの症状がみられます。
  • 前十字靭帯断裂
    膝の曲げ伸ばしを調節する役割を持っている前十字靭帯が切れてしまった状態です。加齢に伴って弱くなったり、肥満によって負担がかかった状態の靭帯に、強い衝撃が加わることで起こります。後ろ足を挙げたり、体重をかけられないような状態がみられます。
  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

秋田犬の保険金請求事例

皮膚炎(大型犬)の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 4歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 6,000
合計 10,500
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
7,350円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
3,150円
お客さま負担額
10,500円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

前十字靭帯断裂の場合

お散歩で走って転んだ後から、後ろ足がつけなくなりました。病院で「前十字靭帯断裂」と診断され、歩けるように手術を行いました。

年齢 6歳 内容 手術1回、入院7日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(6泊7日) 31,500
検査 45,000
全身麻酔 32,000
手術 230,000
点滴 15,000
処置 27,000
注射 18,000
お薬 15,700
合計 415,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
290,500円
「うちの子ライト」補償額
373,500円
お客さま負担額
124,500円
お客さま負担額
41,500円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

秋田犬の特徴

歴史

古くから秋田地方で熊猟犬として活躍していたマタギ犬が、土佐犬やマスティフと交配されて大型化したのが、秋田犬のはじまりです。1919年に天然記念物としての保存運動が起こり、地方名から秋田と呼ばれるようになりました。1931年には9頭の秋田犬が、日本犬では初めての天然記念物に指定されました。その後秋田犬はヘレン・ケラーが来日した際に贈られたり、第二次世界大戦後にはアメリカに持ち込まれ、「アメリカン・アキタ」という犬種の起源となったりしました。日本では忠犬ハチ公として広く知られています。

容姿

頑丈な骨格をもち、日本犬の中でも特に大型な犬です。体型も日本犬の中で最も美しいと言われるほどバランスが取れています。耳は分厚い三角形で直立しており、目は比較的小さく、日本犬独特の三角形で目尻がつり上がっています。尾は太く背中の上に巻いています。毛はダブルコートで、臀部や尾の毛は他の部分よりやや長いです。毛色は赤、虎(赤、白、黒などの混色の虎柄)、胡麻(地色に黒が混ざったもの)、白などがあります。

秋田犬の飼育のポイント

非常に忠誠心が強く愛情深い性格の秋田犬は、きちんとしたトレーニングをしてあげることでかけがえのないパートナーとなります。大変警戒心が強く番犬としては優秀な反面、他の人への接し方を注意しないと事故につながってしまうことがあります。筋肉質で力も強いため、噛み癖や引っ張り癖をつけないようにしてあげましょう。また、皮膚病にかかりやすい傾向もあり、ふわふわのダブルコートはきちんとお手入れをしてあげる必要があります。毎日短時間でよいので、ブラッシングをしてあげましょう。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)