パピヨン

パピヨン

なんといってもパピヨンの一番の魅力はその耳。蝶が羽を広げたような優美さは見る人を魅了します。その耳の様子からパピヨン(フランス語で蝶の意味)と名付けられ、別名をバタフライ・スパニエルとも呼ばれています。繊細なところもありつつ、甘え上手で、どんな環境にも上手にとけ込める順応性があります。体つきは大変華奢なため、骨折などの事故には特に注意が必要です。また関節の病気などになりやすい傾向があるといわれており、異常に早く気づいてあげるためにも普段から観察することが大切です。

パピヨンのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • 膝蓋骨脱臼(パテラ)
    大腿骨の溝にはまっている膝蓋骨という膝の骨が、内側や外側に外れてしまった状態です。特に小型犬では、生まれつき溝が浅かったり、膝蓋骨を支える靭帯の力が弱くて発生することが多いです。膝を曲げ伸ばしする時に痛みが出て、歩きづらくなることもあります。
  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。
  • 骨折
    骨折の多くは、飼い主さんの不注意によって起こります。特に犬では段差や抱っこからの落下による前足の「橈尺骨(とうしゃっこつ)」の骨折が多く、猫では扉や窓に挟まれる事故の例が多く見られます。

成犬~

  • てんかん
    けいれんや意識障害を起こす発作が、繰り返し起こる病気です。発作は脳からの異常な指令によって起こりますが、脳に明らかな病変が認められる場合と、認められない場合があります。発作の程度も様々で、一点を見つめる、落ち着きがなくなる、全身がこわばりがくがくと震える、意識がなくなるなどの症状がみられます。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。
  • 乳腺腫瘍
    犬には左右5対の乳腺があり、その一部が腫瘍化する病気です。発生には性ホルモンが関係し、犬では半分が良性、半分が悪性であるとされています。乳腺の組織はお腹全体にあるので、しこりが複数の場所にできることもあります。
  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

パピヨンの保険金請求事例

皮膚炎の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 4歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 2,500
合計 7,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
4,900円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
2,100円
お客さま負担額
7,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

膝蓋骨脱臼の場合

お散歩中に、後ろ足をスキップするように歩いていることに気づき、病院に連れて行きました。検査の結果「膝蓋骨脱臼」と診断され、膝蓋骨を正常な位置に治す手術を行いました。

年齢 2歳 内容 手術1回、入院6日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(5泊6日) 15,000
検査 25,000
全身麻酔 15,000
手術 165,000
点滴 14,400
処置 10,500
注射 6,000
お薬 2,300
合計 254,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
177,800円
「うちの子ライト」補償額
228,600円
お客さま負担額
76,200円
お客さま負担額
25,400円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

パピヨンの特徴

歴史

パピヨンの祖先はスペインにいた小さな犬で、一寸法師のスパニエルと呼ばれた犬と言われており、古い絵画やタペストリーにしばしばその姿が描かれています。この犬は16世紀にイタリア経由でフランスに入り、上流階級でもてはやされ、かなりの高額で取引されていたとされています。 中世の貴婦人たちはこの優雅な犬と一緒に肖像画に描かれることを好んで、誇りにする風潮があり、マリー・アントワネットもこの犬をこよなく可愛がっていたと伝えられています。

容姿

骨格がほっそりしていて小型、繊細で優雅な雰囲気が漂います。体長は体高よりやや長め、背は水平で、四肢はまっすぐでスマートに伸びます。頭部は小さく丸みがあり、目はやや大きいアーモンド型、色は暗色でブラックの縁取りをしています。鼻は尖端がやや平らで丸く、色はブラックです。マズルは尖り、頭部よりかなり細い感じがします。尾は高い位置につき、飾り毛が豊かで背中にアーチを描いて、リスの尾のように背負っています。耳は垂れ耳と立ち耳があり、日本では立ち耳が多くなっています。光沢のある絹状の毛は特に胸、前足の後ろ側、尾の部分が長くなっています。毛はオーバーコートが豊富な代わりにアンダーコートが少ないのもこの犬種の特徴です。毛色は様々で、全身がホワイト一色であったり、全身にホワイトが全く入っていないこともあります。

パピヨンの飼育のポイント

パピヨンの性格は明るく快活で、動作は俊敏です。まわりの物事にいつも好奇心を示し、小さいながらどんな場面でも自己主張が強く、勇敢で頼もしくあります。毛が長く絡みやすいため、毛玉ができやすく、毛玉の下で皮膚炎を起こすこともあります。普段から優しくブラッシングをして毛玉を防いであげましょう。また、とても遊び好きなため、一緒になって遊んであげると大変喜んでくれます。だたし、体つきが華奢で足の骨も大変細いため、はしゃいでソファなどから飛び降りた際に骨折してしまうこともあります。室内で遊ぶ際には段差をなくしたりフローリングにカーペットを敷くなどの対策をして事故の危険性を取り除いてから遊んであげましょう。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)