ドーベルマン

ドーベルマン

ドーベルマンは、凛々しく精悍な顔立ちとバランスの取れた流線型の体が美しく、かつ、護衛から子守りまで任せられる、見た目も能力も完璧な万能犬です。世界中でその名が知れ渡り、現在では各国で活躍しています。体は頑丈で筋肉も逞しいため、運動量も多く必要とします。その際、大型犬で起こりやすい胃捻転の危険性を減らすために、ごはんを食べた直後の激しい運動は控えましょう。また、心臓の病気になりやすい傾向があるため、異常に早く気づくために普段から様子をよく観察してあげましょう。

ドーベルマンのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • 汎骨炎
    主に四肢の骨に炎症が起こって痛みを生じる病気で、原因は明らかになっていません。成長期の大型犬に多くみられ、1本の足に起こることも、複数の足に起こることもあります。痛みから足を上げたり、発熱、食欲不振などの症状がみられます。
  • ウォブラー症候群
    大型犬の成長期に多くみられ、首の骨に何らかの異常があって神経が圧迫されてしまう病気です。多くの場合は後ろ足のふらつきからはじまり、ゆっくりと進行して前足にも麻痺が広がっていきます。
  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。

成犬~

  • 胃捻転
    食べ物や液体でいっぱいになった胃が拡張し、ねじれてしまう病気です。原因ははっきりしていませんが、特に胸の縦幅が広い犬に起こりやすく、お腹が膨れる、吐き気、よだれ、元気消失、呼吸困難などの症状がみられます。食べすぎや食後の運動が原因となることがあります。
  • 拡張型心筋症
    心筋が薄くなり、心臓の収縮力が落ちることで、全身に十分な血液を送り出すことができなくなる病気です。大型犬に多くみられ、遺伝や加齢によって起こります。初期は症状が出にくいですが、重症化すると呼吸困難や不整脈がみられることがあります。
  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。
  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

ドーベルマンの保険金請求事例

皮膚炎(大型犬)の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 4歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 6,000
合計 10,500
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
7,350円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
3,150円
お客さま負担額
10,500円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

胃捻転の場合

ごはんの後、突然よだれを垂らし、ぐったりしてしまったので、急いで病院に連れて行きました。「胃捻転」と診断され、すぐにお腹を切って手術を行いました。

年齢 11歳 内容 手術1回、入院6日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 5,000
入院(5泊6日) 30,000
検査 43,000
全身麻酔 35,000
手術 170,000
点滴 20,000
処置 20,000
注射 15,000
お薬 5,000
合計 343,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
240,100円
「うちの子ライト」補償額
308,700円
お客さま負担額
102,900円
お客さま負担額
34,300円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

ドーベルマンの特徴

歴史

ドーベルマンはドイツの代表的な犬です。名前の由来は、最初にこの犬を繁殖させたフリードリッヒ・ルイス・ドーベルマンから来ています。彼はパートタイムで犬の保護員をしており、捕まえた犬の中から、俊敏さと従順さが特に際立っていた犬を交配させ、この犬種を作り出しました。しばしば警察犬として活躍し、「Gendarmedogs(地方治安警察官犬)」のニックネームがつけられ、20世紀の初めには警察犬として正式に認められました。

容姿

ドーベルマンは筋肉質で逞しい体つきをしています。頭は長くV字型で、耳は自然に前方向に折れ曲がっていますが、断耳した場合はピンと立っています。基本的に目の色は暗く、形はアーモンド型です。毛は短く、手触りは固いですがつやつやとした輝きがあります。毛色はブラックやブラウンですが、口やのど、四肢、尾の下側などは赤褐色が入っています。

ドーベルマンの飼育のポイント

俊敏さと警戒心を備え、エネルギッシュです。性格は友好的であり穏やかで、飼い主に非常に従順、子どもに対しても愛情を持って接してくれます。作業能力が高く、作業を与えると楽しみながら行ってくれます。毛足の短い被毛は布や柔らかいブラシでマッサージをするようにお手入れしてあげましょう。活力に満ちあふれており、なによりも運動に重点を置くことが大切です。毎日たっぷりと走らせてあげることが理想なので、ドッグランなどで遊ばせてあげてもよいでしょう。ただし、攻撃的な一面もあるため、子犬の時からしっかりと訓練をしてあげることが重要です。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)