ラフ・コリー

ラフ・コリー

コリーはそのふわふわしたしなやかなコートと知的な顔立ちから、最も美しい犬種のひとつとされています。原産国はイギリスで、日本では「名犬ラッシー」をきっかけとして一躍有名になりました。見た目の美しさだけではなく賢さも兼ね備えており、世界的にも人気の犬種となっています。かつてはスコットランドで牧羊犬として活躍しており、家族に対して従順で優しく、親しみやすい性格です。コリーは遺伝的に目の病気になりやすい傾向があるので、比較的若いうちから注意が必要です。

ラフ・コリーのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • コリー眼異常
    網膜に栄養を届ける血管が細いまま成長しない病気で、コリー系の犬種に遺伝的にみられます。視覚に障害がでると、ものにぶつかったり、運動を嫌がったりするようになります。
  • 皮膚炎
    細菌や真菌、ダニなどが皮膚に炎症を起こします。皮膚の弱い犬種だったり、免疫力の低下や外傷から皮膚のバリア機能が落ちてしまうと、炎症が起こりやすくなります。症状は湿疹、かゆみ、脱毛など様々です。
  • 胃腸炎
    ウイルス・細菌・寄生虫の感染や、食べてはいけないものを食べたり、ストレスがかかることで胃腸に炎症が起こります。症状は嘔吐、下痢、血便、食欲不振など様々です。
  • 股関節形成不全
    股関節を形成している骨盤の骨と大腿骨がかみ合わなくなり、関節に炎症が起こって痛みが出ます。犬では大型犬に多く、遺伝や成長期に骨の発育がうまくいかないことが主な原因です。歩く時に腰が左右に振れたり、階段の上り下りを嫌がったりします。

成犬~

  • 皮膚腫瘍
    皮膚にできる腫瘍には、良性のものから悪性のものまで様々あります。品種によってできやすい腫瘍もありますが、基本的にはどんな犬猫でも注意するべき病気です。
  • 鼻腔内腫瘍

    鼻の中の組織から発生する腫瘍で、鼻水、くしゃみ、鼻血、いびき、開口呼吸(口を開けてハアハア息をする)などの症状がみられます。腫瘍が大きくなると顔が変形したり、脳を圧迫することで発作などの神経症状があらわれることもあります。見えない場所にできるため発見が遅れることもあり、注意が必要です。

  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

ラフ・コリーの保険金請求事例

皮膚炎(大型犬)の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 4歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 6,000
合計 10,500
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
7,350円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
3,150円
お客さま負担額
10,500円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

股関節形成不全の場合

腰を振るように歩くため、気になって病院に連れて行きました。検査の結果「股関節形成不全」と診断され、歩くときの痛みを減らす手術を行いました。

年齢 2歳 内容 手術1回、入院6日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(5泊6日) 27,000
検査 30,000
全身麻酔 32,000
手術 330,000
点滴 9,000
処置 12,000
注射 13,000
お薬 5,000
合計 458,800
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
321,160円
「うちの子ライト」補償額
412,920円
お客さま負担額
137,640円
お客さま負担額
45,880円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

ラフ・コリーの特徴

歴史

コリーは、スコットランドのハイランド地方で牧羊犬として活動していました。その歴史は約6千年にも及ぶとされています。スコットランドの羊は顔と足が黒かったことから、アングロ・サクソン語で黒を意味する「コリー」と呼ばれており、当時の牧羊犬も黒い毛色が多かったことから「コリー・ドッグ」という名で親しまれていました。その後はビクトリア女王がスコットランドを訪れた際にこの犬を連れ帰ったことや、新たな毛色が現れたことから、イギリスで人気を博しました。19世紀後半にはアメリカでも公認され、広く知られるようになりました。

容姿

美しい毛と鼻筋の通った端正な顔立ちが特徴です。頭は細長いV字型で、耳は先端4分の1ほどが折れています。目は基本的に暗色ですが、毛色がブルーマールの場合はブルーになることもあります。毛は密生しており、長さでラフ・コリーとスムース・コリーに分けられます。ラフ・コリーには首周りと前足に立派な飾り毛があり、尾もふさふさしています。毛色はセーブル&ホワイト(明るいゴールド~濃いマホガニー)、トライカラー(黒・白・茶の混色)、ブルーマール(主色のシルバーブルーにブラックが混じる)などです。

  • 当社のペット保険「うちの子」の保険料は、小型・中型・大型で分類されており、本ページに記載の一般的な犬のサイズとは異なりますので、ご注意ください。
    詳細は以下の犬種分類表にてご確認ください。

犬種分類表はこちら

ラフ・コリーの飼育のポイント

コリーの最大の魅力はなんといっても、その凛とした気品のある容姿と優しい顔立ち、そして牧羊犬としての従順さです。多少頑固な一面もありますが、家族の気持ちを察する勘の良さを持ち合わせており、子供にもよく慣れて遊び相手になってくれます。牧羊犬という、人の近くでたくさん動き回る仕事をしてきた犬種なので、運動不足やコミュニケーション不足はストレスになってしまいます。お散歩や遊びの時間は十分に取るよう心がけましょう。また、その美しい毛並みを維持するためにも、特にラフ・コリーの場合はこまめにブラッシングをして毛玉や抜け毛を防ぎましょう。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)