犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

犬にチョコはNG!食べたときの症状と対処法は?

人間には甘くておいしいチョコレート。しかし、犬にとっては少しの誤飲にも警戒してほしい、絶対にあげてはいけない危険な食べものです。なぜ犬にはダメなのか、食べてしまったときの対処法も一緒にご紹介します。

犬にとってチョコレートはなぜ危険?食べたらどうなるの?

チョコレートの原材料カカオに含まれる、カフェインやテオブロミンなどの化学物質を犬が摂取すると、嘔吐や下痢をはじめとする中毒症状を起こします。テオブロミンは人間には問題ありませんが、犬の体はテオブロミンを分解、排出する能力が低いため、嘔吐や下痢をくり返し、毒素を体外に排出しようとするのです。

また、大量に食べると神経や心臓へ過剰な作用を起こし、震えや不整脈、痙攣などの症状が出るほか、最悪の場合は死に至ることもあります。

 

チョコレートはカカオが多いほど危ない!ココアやお菓子も要注意!

甘くないチョコレートほど、カカオ含有量が多く、中毒症状がでる可能性が高くなります。

また、ココアにはブラックチョコレートに劣らないほどデオブロミンが含まれています。飲み物だけでなく、さまざまなお菓子やパンなどにもパウダー状のものが使われているので、注意してください。
 

万が一、食べてしまったら?

チョコレートを食べて呼吸が浅く速くなったら用心が必要な状態です!すぐに動物病院へ連れて行ってください。症状が出ていない場合でも、食べた量が少しでも、まずは獣医師に連絡を。その際は、食べてしまった商品の成分表記のあるパッケージ(箱)を持参するか、商品名をきちんと伝えましょう。カカオ含有量によって処置が異なってきます。

問題となるテオブロミンを分解する解毒剤はないので、病院では胃に残っているものを吐かせる催吐(さいと)処置をし、それでも十分でない場合は胃洗浄を施します。
「塩を飲ませて吐かせる」などの誤った応急処置は、絶対にしないでください。塩中毒で犬の命を落とす危険性があります。素人判断での救急処置は行わずに、動物病院へ電話をして相談しましょう。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。