犬・猫と暮らすHAPPY LIFE ペットと私の暮らしメモ

我が家に合う猫の種類・年齢は?愛猫の見つけ方

猫を飼うと決めたものの、種類、年齢、性別は…どんな猫を迎えるかどうやって選べば良いの?
家族の一員となり一緒に長く暮らすため、猫も人も幸せに過ごせるようライフスタイルに合った猫を見つけましょう。

 

猫と出会える場所は?

猫を迎える場所は主に次の4つがあります。

保護団体から

不幸な猫を少しでも減らそうと、全国各地で様々な保護団体がボランティア活動をしています。各団体が里親募集をしています。団体ごとに、猫の幸せを第一に考えて、里親になるには避妊・去勢手術の義務、室内飼いなどの条件がある場合が多いので、まずは問い合わせてみましょう。

保健所から

少しずつ「殺処分ゼロ」を実現する自治体も増えてきましたが、まだ保健所では毎日多くの猫が収容され、命を失われていっています。譲渡会を行っている自治体もありますし、保健所でも里親を募集しています。住んでいる地域の自治体に問い合わせてみましょう。

動物病院から

行き場のない子猫や捨て猫を保護し、里親募集をしている動物病院もあります。引き取り後も相談できたり、獣医師が健康チェックしているなど、安心な面があります。また、近所で産まれた子猫や、その病院の患者である飼い主の家で産まれた子猫の里親募集のはり紙がされていることもあります。動物病院を訪ね、情報を得るのも方法のひとつです。

ペットショップ、ブリーダーから購入

純血種を希望する人は、ペットショップには多くの猫種がいるので、訪れてみましょう。欲しい猫の種類が決まっている場合は、その猫を繁殖させているブリーダーを探すという方法もあります。母猫や兄弟猫とある程度の期間を一緒に過ごすので、ブリーダーからの子猫は社会性を身につけているとも言われます。

 

男の子と女の子、どっちにしよう?

個体差はあるものの、オス猫よりメス猫のほうが一般的に、小さめのほっそりした体格になるとされます。オス猫は甘えたがりでやんちゃ、メス猫はクールでおとなしいなど、性格にもそれぞれ特徴があります。やんちゃな猫と遊びたいか、クールな猫と静かに過ごすか、どんな猫とどんなふうに過ごしたいかで決めても良いでしょう。

 

見た目も個性もそれぞれ

性別でも性格が異なるように、猫種でもそれぞれの特徴があります。まず純血種と雑種に大きく分かれます。雑種は茶トラに三毛、シロクロ、グレー…と多くの模様や色が存在します。純血種は、アビシニアンやアメリカンショートヘアーなどの短毛種、ヒマラヤン、ペルシャなどの長毛種、さらに耳がカールしたアメリカンカールなど、体の特徴や大きさは猫種によって決まっています。猫種にもよりますが、おっとりした性格の猫が多いのは長毛種、人なつこく活発な性格が多いのは短毛種のようです。毛がもつれやすい長毛種は、毎日のブラッシングが必須となるので、そうした手入れが可能かを考えて選びましょう。一般的に、純血種より雑種のほうが丈夫といわれます。

 

子猫?成猫?

生後間もない赤ちゃん猫の世話は大変ですが、成長する姿を日々見られる喜びがあります。一方、保健所や保護団体から迎える場合は成猫もいます。成猫であれば子猫に必要な世話が要りません。きちんと飼われていた猫なら、爪とぎやトイレも教えずともできます。子猫より落ち着きがあり飼育しやすい、との声も聞きますが、元ノラの保護猫は人になつかない、警戒心が強い猫もいるので、根気が必要です。

TAG:

12歳11か月まで
新規加入OK!!
アイペットのペット保険

ペットと私の暮らしメモ

「ペットと私の暮らしメモ」は、愛犬・愛猫といつまでも幸せに暮らせるように、健やかに育てるための飼い方、病気・症状、お金にまつわる知識など、飼い主さんなら知っておきたい情報を専門家監修でお届けします。