アメリカン・ショートヘア

アメリカン・ショートヘア

アメリカン・ショートヘアはアメリカ原産の短毛種で、穏やかな性格とあまり鳴かないという特徴から、どんな家庭でも飼いやすい品種の1つとされています。一人でいるのも好きですが、家族に対しては温厚に接してくれます。遊ぶことも大好きなので、子どもの良い遊び相手になってくれる子もいます。基本的に丈夫な品種として知られていますが、多くの猫同様、特に高齢期には腎臓病や心臓病に注意が必要です。

アメリカン・ショートヘアのかかりやすい病気・ケガ

若齢~成猫

  • 異物誤飲
    食べてはいけないものを飲み込んでしまうことです。異物には、中毒を起こす食べものや、胃や腸に刺さったり詰まったりしてしまうものが含まれます。嘔吐や下痢などの消化器症状がみられたり、命の危険に繋がることもあります。
  • 猫カゼ
    主にヘルペスやカリシといったウイルスが感染することで、くしゃみ、咳、鼻水、発熱などのカゼ症状がでます。また、目ヤニがみられることも多いです。特に免疫力の低い子猫や高齢の猫では重症化することもあります。
  • 尿石症
    体内のミネラル成分が集まって、結晶や結石をつくる病気です。細菌感染、体質、ミネラルの多い食べものなどが主な原因となります。結石は主に膀胱、尿道、腎臓に形成され、頻尿や血尿がみられるほか、尿道に詰まってしまうと尿が出なくなることもあります。

成猫~

  • 肥大型心筋症
    心筋が厚くなって心臓の部屋が狭くなり、全身に十分な血液を送り出すことができなくなる病気です。主に遺伝や加齢によって起こります。血流が悪くなることで血栓ができやすくなり、それが血管に詰まって後ろ足の麻痺が起こったり、突然死する危険性もあります。
  • 多発性のう胞腎
    腎臓にのう胞(内部に液体のたまった袋)ができて腎臓の組織を圧迫し、腎機能が低下していく病気です。猫では遺伝的にみられることが多く、水をたくさん飲む、おしっこの量が増える、食欲不振、嘔吐などの腎不全の症状がみられるようになります。
  • 慢性腎臓病
    腎臓の働きが悪くなり、体内の毒素を尿として排出できなくなってしまう病気です。高齢の猫に非常に多く、徐々に進行していきます。水をたくさん飲む、おしっこが薄くなり量が増える、食欲不振、嘔吐などの症状がみられます。
  • 猫種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

アメリカン・ショートヘアの保険金請求事例

慢性腎臓病の場合

毛並みが悪くなり、病院に連れて行くと、「慢性腎臓病」と診断されました。現在、点滴治療のため週に1回通院し、血液検査も定期的に行っています。

年齢 8歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
検査 4,500
点滴 2,000
お薬 4,700
合計 12,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
8,400円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
3,600円
お客さま負担額
12,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

異物誤飲の場合

リボンを飲み込んでしまったようだったので、病院に連れて行きました。検査の結果、腸の中にリボンが見つかり、お腹を切って摘出手術を行いました。

年齢 0歳 内容 手術1回、入院6日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
入院(5泊6日) 27,000
検査 10,000
全身麻酔 15,000
手術 130,000
点滴 20,000
処置 10,000
注射 6,000
お薬 1,300
合計 220,800
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
154,560円
「うちの子ライト」補償額
198,720円
お客さま負担額
66,240円
お客さま負担額
22,080円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

アメリカン・ショートヘアの特徴

歴史

アメリカン・ショートヘアの祖先は、ヨーロッパから北アメリカへ船で渡った移民によって持ち込まれた猫であるとされています。初の移民を運んだメイフラワー号にも、船のネズミを駆除するために何頭かの猫が乗っていたとの記録があります。当時は働く猫としての逞しさやハンター気質が評価されていましたが、次第にその賢さや見た目の美しさが人々の関心を集めていきました。そして、他の短毛種の猫との差別化を図るために、1966年にはアメリカン・ショートヘアという名前を与えられ、キャットショーでも上位を争う人気品種になっていきました。

容姿

中型で筋肉質の、がっしりとした体格です。顔は幅が広めで、愛嬌のある表情をしています。毛は短く光沢があり、非常に密に生えています。様々な柄がスタンダードとして認められますが、一般的なのは縞模様が特徴のクラシック・タビーです。毛色に関しても、シルバー・タビー(シルバーの地に黒の縞模様)が最も有名ですが、ブラウン・タビーや柄のない単色など多様な色が認められています。

アメリカン・ショートヘアの飼育のポイント

おおらかでのんびりとした性格で、子どもに対しても忍耐強いです。一人の時間を楽しむのも得意ですが、基本的には人の側にいるのを好み、ひざに乗ってくるような子もいます。運動量が多く遊ぶのが大好きで、元々のハンター気質が残っているため、何かを追いかけるような遊びをしてあげるといいですね。窓から外の動くものを眺めるのも大好きです。頭が良く周りのあらゆるものに興味を示すので、危険なものは遠ざけておきましょう。また、体質的に太りやすい傾向があるので、適度な運動と食事管理を心がけましょう。肥満になると心臓や関節にも負担がかかってしまいます。お手入れに関しては、毛が短いのでそこまで大変ではないですが、抜け毛が多いので、定期的にブラッシングをしてあげましょう。

猫種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)