柴犬

柴犬

柴犬は、”小さい”を意味する柴は小型の狩狩猟犬として活躍していた日本古来の犬です。小柄ながら頑丈な体と、飼い主に忠実な番犬向きな性格は国内外から幅広く愛されています。また、密に生えた直毛の毛と太い尾、そして凛々しい表情はたまらないポイントです。警戒心が強いため、きちんとトレーニングをしないと他の人を攻撃してしまうなどの事故を起こす可能性がありますので注意しましょう。また、我慢強い性格なので、小さな変化に気づいてあげることが大切です。

柴犬のかかりやすい病気・ケガ

若齢~成犬

  • アレルギー性皮膚炎
    体に入ってきた異物に対して、体の免疫機能が過剰に働いてしまうことで、皮膚に炎症が起こります。主な原因となるのは食べもの、ハウスダスト、花粉などです。程度は様々ですが、主に痒みや湿疹がみられます。
  • 膝蓋骨脱臼(パテラ)
    大腿骨の溝にはまっている膝蓋骨という膝の骨が、内側や外側に外れてしまった状態です。特に小型犬では、生まれつき溝が浅かったり、膝蓋骨を支える靭帯の力が弱くて発生することが多いです。膝を曲げ伸ばしする時に痛みが出て、歩きづらくなることもあります。
  • 緑内障
    目の中に入っている水が増えすぎて、眼球内の圧力が高くなってしまった状態です。主に遺伝や目の中の腫瘍、炎症などによって起こります。痛みにより瞬きや涙が増えたり、進行すると目が大きくなって牛のように突出したり、失明してしまうこともあります。
  • 骨折
    骨折の多くは、飼い主さんの不注意によって起こります。特に犬では段差や抱っこからの落下による前足の「橈尺骨(とうしゃっこつ)」の骨折が多く、猫では扉や窓に挟まれる事故の例が多く見られます。

成犬~

  • 歯周病
    歯垢に含まれる歯周病菌が、歯と歯肉の間に入って炎症を起こします。歯垢は放っておくとザラザラした歯石になり、さらに歯垢が付きやすくなってしまいます。進行すると歯が抜けたり皮膚に穴が開いたり、菌が血液にのって心臓や腎臓に運ばれて炎症を起こすことがあります。
  • 認知症
    人間と同じように、犬も歳をとると認知機能が低下してしまうことがあり、特に日本犬に多いとされています。トイレの失敗が増える、生活が昼夜逆転する、夜鳴き、ぐるぐると同じところを歩き回るなどの症状がみられたら、認知症の可能性があります。
  • 犬種別病気ガイドには、アイペットのペット保険の補償対象外の傷病も掲載されている場合がございます。
  • 補償開始日前から被っていた傷病など、ご請求の内容により、保険金をお支払いできない場合もございます。

柴犬の保険金請求事例

皮膚炎の場合

体に赤い発疹があったので、病院に連れて行きました。「皮膚炎」と診断され、お薬を飲み始めることになりました。

年齢 4歳 内容 通院1日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 1,500
検査 3,000
お薬 2,500
合計 7,000
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
4,900円
手術が含まれていない
通院のため、補償対象外です
お客さま負担額
2,100円
お客さま負担額
7,000円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

骨折の場合

ソファーから飛び降りたところキャンと鳴いて、前足をかばうようになりました。病院で検査をしたところ、「骨折」と診断され、折れた骨をつなぐ手術を行いました。

年齢 0歳 内容 手術1回、入院5日

診療明細書

診療項目 金額(円)
診察 800
入院(4泊5日) 10,000
検査 20,500
全身麻酔 32,500
手術 237,000
処置 3,400
注射 4,500
合計 308,700
幅広い補償でいつでも安心 うちの子70%プラン 高額になりがちな手術補償に うちの子
ライト90%補償
「うちの子」補償額
216,090円
「うちの子ライト」補償額
277,830円
お客さま負担額
92,610円
お客さま負担額
30,870円
  • 上記の診療費等のデータは一例であり、一般的な平均・水準を示すものではありません。
  • 各診療項目の金額は、動物病院によって異なります。
  • お支払させていただく保険金は、各商品の支払限度額・支払限度日数(回数)等の補償範囲までとなります。

アイペットのペット保険

柴犬の特徴

歴史

縄文時代の遺跡から骨が見つかっている事から、原始時代に南方からやってきたとされています。古来より、日本海に面した山岳地帯で、小動物や鳥の猟犬として活躍してきました。しかし1868年以降、イギリスの犬種が輸入されて柴犬と交配されるようになり、純粋な柴犬は減っていきました。そしてその限られた純粋な柴犬の保護が重大なこととして関心を集め、1936年には国の天然記念物として指定されました。

容姿

しっかりとした骨格とバランスの取れた体つきをしている小型犬です。尾は太く、背中に向かってくるんと巻いているか、緩やかなカーブを描いています。凛々しい顔立ちが特徴的で、目は三角形で目尻が少しつり上がっています。鼻筋はまっすぐで、小さめの三角形の耳はやや前傾して立っています。毛はダブルコートで、毛色は赤、胡麻(地色に黒が混ざったもの)、ブラック&タン(黒地に黄褐色の模様)などがあります。

柴犬の飼育のポイント

日本犬の代表格である柴犬は飼い主さまに忠実で、きちんとしたトレーニングをしてあげることでかけがえのないパートナーとなります。大変警戒心が強く番犬としては優秀な反面、他の人への接し方を注意しないと事故につながってしまうことがあります。また、大変毛量の多い犬種であるため、抜け毛が多く皮膚病にもかかりやすい傾向にありますので、皮膚を清潔に保ってあげる必要があります。

犬種別病気ガイドトップへ戻る

[参考文献]
TICA(The International Cat Association)
CFA(The Cat Fanciers' Association)